ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >栗拾いのための手袋

栗拾いのための手袋の使い方

秋の栗拾いは楽しいものですが、気をつけないといけないのは、あの痛いイガです。

広告

栗のイガのとげは鋭く、ちょっと触れただけでも皮膚に刺さってしまいます。
しかも折れやすいので、刺さった後折れて皮膚内に残ってしまうと抜くのが厄介です。
栗のイガ

長靴を履き、両足でイガを踏み込み、火箸を使ってほじくりだす方法が安全で一般的なのですが、とても非効率でやってられません。
軍手では勿論手に負えず。皮手袋も時々貫通して痛い目にあいます。
栗のイガを手で扱って栗を取り出せばとても効率的に栗拾いができます。そのための手袋の使い方を紹介しましょう。

皮手袋を2重にはめて栗拾いする

私のしている手袋の使い方、単純ですが皮手袋を2重にはめて使っています。
下にはめるのは皮手袋ではなくて、軍手でも大丈夫です。
上にはめる皮手袋はなるべく大きなものを用意しましょう。
皮手袋 皮手袋2 皮手袋3

上の皮手袋はイガを扱っているうちにたくさんのとげが刺さります。
なので、素手ではめると中に飛び出ているとげが刺さってしまうため、もう使い物にはなりません。使い古しを用いるか、栗拾い専用に用意するとよいでしょう。
写真の皮手袋は数組入ってかなり安く売っているものです。内側には使い古しの革手袋を入れました。

安全に効率よく栗拾い

収穫した栗"

皮手袋を使って収穫した栗です。革手袋を2重にはめるので、指の動きはかなり制限されますが、火箸を用いるよりははるかに効率的です。
1時間の作業で10リットルのバケツ2杯くらい拾えます。
沢山効率よくたくさん拾えました。一緒に拾ったイガは燃料として持ち帰り、燃やします。

クリの品種

痛くて困る栗のイガですが、植える品種を選ぶことで避けることもできます。
毬に棘のない品種、「トゲなし栗」を植えればよいのですが、あまり見かけないので、食味は劣っているのでしょうか?我が家では植えていないのでよくわかりません。
裂果率の高い品種を選ぶのも有効です。イガが割れて、実が自然に落ちます。実が直接地面に落ちるので、痛みやすいのが難点です。こまめに拾う必要があります。
クリは1本植えただけでは結実しにくいので、複数の品種を植えておく必要があります。その中の一つにこうした品種を加えるのも良いかもしれません。

最終更新日: 2018-09-25 04:53:27

ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >栗拾いのための手袋

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

雨樋の補修  
新幹線で車中泊体験  
竹収納棚  
竹を曲げる方法  
【家庭菜園】輪作プラン  
電磁パルス(EMP)対策  
薪ストーブの故障  
体温発電を考えてみる  
新幹線の旅  
アイマスクの作りかた  
布生地を織布工場から購入  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます