ともさんのHP >田舎生活 >薪ストーブ >薪ストーブ窓の掃除

薪ストーブのガラス窓についた煤の落としかた

薪ストーブをしばらく使っていると、ガラス窓にだんだん煤がついてきます。この煤の簡単な取り除き方を説明します。

広告

薪ストーブの窓ガラスについた煤


薪ストーブ、窓の清掃

用意するものは、布2枚、ゴム手袋。1枚は水に浸して軽く絞っておきます。もう一枚は乾燥したもの。
手袋をして、濡らした布へストーブ内に溜まっている灰をつけます。
薪ストーブの灰 薪ストーブの掃除

灰のついた布で、窓を拭きます。力を入れず、何回もこすると、次第に煤が落ちてゆきます。力を入れないのがコツ。 時々布に灰を補給します。
灰のアルカリ成分がこびりついた煤を水に溶かし、落としてくれるのだそうです。
素手で作業すると、アルカリで手が荒れるので、手袋はしておいた方がよいです。
土のついた楽天 を燃やした灰には、砂粒が混じっている場合があります。砂が混じった状態でゴシゴシこすると、窓に傷がついてしまうので、要注意です。
清掃中の薪ストーブ 清掃中の窓

掃除の終わった薪ストーブ窓

拭き終えたら、濡れているうちに乾いた布でふき取ります。これで窓の清掃完了。きれいになりましたね。
掃除後の窓

さっそく火を入れて暖まりましょう。火がよく見えると温かさも違います。
窓からは赤外線が出て、周りの物を温めますが、煤がついていると赤外線が出てこれなくなります。外見上の点だけでなく、性能上でも窓の清掃が効果があります。
薪ストーブ点火中

最終更新日: 2019-11-11 08:31:15

ともさんのHP >田舎生活 >薪ストーブ >薪ストーブ窓の掃除

新着ページ

蜂舎のこと  
モクレンの栽培、手入れ、増やしかた  
袴の作り方  
ブドウ棚を組み立てました  
任形状の平面ポリゴンの作成方法  
デジタルスリットカメラの自作  
薪ストーブで炭焼き  
フリーソフトに広告  
布生地を織布工場から購入  
書斎の改造計画  
書斎机の改造  

他のサイト

3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます