ともさんのHP >ものつくり >1次元CCDを使った自作カメラ >自作天体カメラの試写

自作天体カメラの試写

アルゴル

 自作の天体カメラは...結構苦戦しているが、だいぶ出来上がってきた。夜になったら自動的に観測を開始して、画像を区画ごとに区切ってファイルに保存できるようになった。ただ...上の写真のように突然ノイズが現れる場合があって、これがなかなか直らない。今度 カメラ 楽天 のプログラムを入れ替えてみる予定。

 この写真は天球の赤経45〜60度、緯度+30〜45度の範囲が写っている。矢印はアルゴルという名前の変光星だ。

最終更新日: 2002-10-21 00:00:00

ともさんのHP >ものつくり >1次元CCDを使った自作カメラ >自作天体カメラの試写

広告
新着ページ

渋柿で柿渋作り  
新旧文化式とドレメ式原型製図を比較  
水棚の作り方  
DXFファイルの違い  
デジタル顕微カメラ  
萩の栽培、手入れ、増やしかた  
セミの飼いかた  
ダンゴムシの飼い方  
玉縁ボタンホールの縫い方  
柿渋  
ミシンでボタンを付ける  

他のサイト

3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます