ともさんのHP >ものつくり >自分でリフォーム >壁の塗替と屋根谷板金のリフォーム

家の壁の塗り替えと屋根谷板金のリフォーム

家の壁の塗り替えと屋根谷板金交換のリフォームをしたので覚書を残しておきます。
我が家は築20年ほど経過しています。建てた業者さんより築10年目ぐらいから「壁の塗り替えをしませんか」というセールスが来ていたのですが、20年になるのでそろそろ塗りなおそうかと考え、セールスマンの言われるままに修理することにしました。
壁の再塗装リフォーム

塗り直しの必要性
セールスマンの人の言うには塗り直しをしないと、「壁のひび割れから雨水が壁の中に入ってしまって家が傷む」なので直しましょうということでした。

広告

しかし、自分で調べてみると壁のひび割れはほんの小さいものはあっても水が入るほど大きなものはないように感じました。
屋根楽天 の谷板金ですがこれは屋根の瓦の谷になるところに敷いてある銅板のことです。
新築の時に銅を使わずにステンレスの板を使って下さい、とお願いしたのですが、その時はステンレスは標準外なので用意できないと言われてしまったため、仕方なく銅にしたものでした。
今回の話では銅は早ければ20年で穴が開いてしまうのでステンレス製にしましょうという提案でした。
よくよく話を聞くと昔はステンレスは使わなかったのだけれども、やはり銅では耐久性が劣ることがわかってきたので、新しい家ではステンレスを採用しているとのことでした。
空気の悪い所では雨水が酸性になっていたりして銅板がすぐに痛んで穴が開いてしまうこともあるそうです。
これも取り替えることにしました。

リフォームの目的

セールスマン氏の売り文句にはピンとこなかったのですが、今後の人生を考えると、老後に収入の減ったのちに家を修理するより、お金もあって元気な今のうちに修理し奥のが得策だと考えました。
死ぬ間際のよぼよぼの状態のときに「家がダメになった!困った!」とならないように今備えておこうということです。
リフォーム楽天 しておけば、少なくとも肝心な屋根と壁は死ぬまでもつでしょう。

費用

壁の塗り直しが120万円ほど屋根の谷板金は60万円ほどかかりました合計180万円です車が買えるくらいの値段ですねかなり大きな出費でした。

工事期間

3週間ほどかかりました。とはいっても実質壁の工事は一週間ほど屋根工事は3日ほどで終わりました。
その他に足場の組み立て/解体、塗装の養生期間がありました。
雨が降ると塗装も屋根工事もできないので3週間の中にはだいぶ余裕があったようです。
今回、工事期間中に一週間ほど雨が続きました。これでは間に合わないかと思いましたが、塗装の職人さんを増やして対応したようです。

仕上がり

綺麗になりました。
壁塗装前 壁塗装後

壁の塗装前後。ツバメの巣などを取り払い、養生テープを貼って塗装。
壁塗装前 壁塗装後

左が塗り直し前、右が後ですが...写真では差がよくわかりません。
壁のひび割れですが塗り直したので水は入らなくなったと思いますが、以前から入らなかったとおもうので、工事をしなくても大丈夫だったような気もします。
塗装前に高圧水で軒下なども洗浄してくれたので、壁以外もピカピカになりました。
屋根板金ですが交換して外した銅の板金を見てみると、ほとんど腐食しておらず、まだまだ使えそうでした。
屋根の谷板金

取り外した屋根の谷板金。瓦の凹部から落ちた雨で変色している部分がありますが、腐食はほとんどありませんでした。あと100年くらいはもちそうでした。
こちらもまだ変える必要なかったかなというのが正直な実感です
総合的に考えると20年でリフォームするのはちょっと早すぎたなと思います。あと10年ずらしてもよかったかもしれません。
ただこのあと年を取って収入が減った後にリフォームするのは困難になるかもしれないので、やはり直すのは今だったと思います。
あと30年か長ければ40年ぐらい生きると思います。死ぬ頃には家もかなり傷んでいるかなと思いますが今回のリフォームで家の寿命を自分より延ばせたと感じています。

最終更新日: 2018-05-18 04:38:05

ともさんのHP >ものつくり >自分でリフォーム >壁の塗替と屋根谷板金のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ボタンやラベルの修飾方法  
薪ストーブの構造  
メニューバー  
歴代衣装  
ダイアログ  
薪ストーブの点火  
薪ストーブに必要な薪の量  
RaspberryPiOSインストール  
伐木のしかた  
園芸資材に使う竹  
薪ストーブ窓の掃除  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます