ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >3次元CADで帽子の型紙

3次元CADで帽子の型紙を製作

前回3次元CADのFusion360とアドインのExact Flatを使ってぬいぐるみの3Dモデルから型紙をとり、それを使ってぬいぐるみを作ってみました。
今回は同じ方法で帽子を作って「めでたしめでたし」というところだったのですが...
よく見たらうまく出来ておらず、この方法で作ること自体が不適と判明したのでその理由を書くことにします。

広告


作り方の手順

単純な形状の帽子を考えました。金田一耕助が映画の中で被っている帽子です。

金田一耕助の帽子こんなやつ


3D-CADでは、

帽子の断面

こんな帽子の断面を描き、360度回転して形状を作ります。

帽子の3Dモデル


6枚はぎの型紙楽天 にしたかったので、この帽子モデルの面を1/6に分割します。

サーフェースの分割 サーフェースの分割


この分割した1/6の曲面を、Exact Flatを使って平面の型紙に変換します。

Exact Flat Exact Flat


この型紙をダウンロード、印刷して布を裁断する型紙にします。
3Dモデルを作り始めてから30分くらいでダウンロードできました。快適な速さで驚きです。

金田一耕助帽子の型紙 金田一耕助帽子の型紙


6枚はぎの帽子なので、表用6枚、裏用6枚、12枚の布を裁断して縫い合わせれば完成です。

金田一耕助帽子 金田一耕助帽子 金田一耕助帽子 金田一耕助帽子 金田一耕助帽子


縫う作業も単純な構造なのですんなりできました。

型紙の誤差と重要寸法の維持

かぶってみて「ちょっと小さいかな」と思ったのですが、試作だったのであまり気に留めずにいたのです。
あとで確認して、重要な寸法が変わってしまっていることに気づき、驚いてしまいました。
帽子で重要な寸法は、「頭周り」です。これが小さければ入らないし、大きければブカブカです。
設計ではこのサイズをかなり大きめの630㎜(100×2×3.14)にしていました(下の図の下の方、100㎜とあるのがその寸法です)。
帽子の断面

なので、型紙の該当位置の幅は105mm(630÷6)になっているはずですが...測ってみると87㎜でした。
型紙の寸法

3次元の曲面を2次元にするのですから、必ずどこかへゆがみが出るはずです。この差はおそらくこの3D→2Dへの変換時にできたものと思われます。
頭周り630mmで設計楽天 して、できたものは522㎜(87×6)ですから、誤差が大きすぎます。
試しに重要寸法の位置で型紙を分割したらうまくゆくかと思い、作ってみましたが...
型紙の段差

今度は6㎜ほどの差ができてしまいました。
誤差、大きすぎですね。残念ですが、この方法で帽子の型紙を作るのは難がありそうです。

最終更新日: 2017-08-17 11:08:34

ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >3次元CADで帽子の型紙

広告
新着ページ

畑小屋の設計と製作  
雑草でグリーンカーテン  
ソラマメの栽培方法  
AnimationTimerとTimelineの違い  
アカウキクサ  
Javaで動画ファイルの保存  
麗しの書斎生活  
電子部品棚を処分する  
蜂舎のこと  
モクレンの栽培、手入れ、増やしかた  
袴の作り方  

他のサイト

3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます