ともさんのHP >ものつくり >ともさんの開発室 >フリーソフト開発者の嘆き

フリーソフト開発者の嘆き

洋裁CADというフリーソフトを何年も前から開発し続けています。
徐々にユーザーさんが増えてきて、このことは嬉しいのですが、別の件で困った状況にも追い込まれています。
CADの使い方に関する質問にに対する対応方法ついてです。

広告


理想

公開する時から予想は出来ていたのですが、CADの使い方に関する質問に個別に対応していたら、いずれ入ってくる質問の量が処理できる質問の量を超えてオーバーフローします。
なので、あらかじめヘルプページを作っておき。これに加えて掲示板を用意してからソフトを公開しました。
掲示板に質問をしてもらえば、他のユーザーさんが答えてくれるし、過去ログを調べて、同じ質問があればその回答を読むことで解決できます。
ヘルプページを読んで分からないことがあっても掲示板が機能していれば私まで質問が回ってくることはあまりないはずです。
フリーソフト質問対応


現実

掲示板は最初のうちは機能していたのですが、質問に回答するユーザーがいなくなり、質問を書き込むユーザーも極端に少なくなりました。
代わりに私の所へ直接メールやその他の手段で質問がくるようになったのです。
おそらく掲示板だと、「こんなこともわからないのか」「こんなこと書いてはいけません」
と返信されるのではないかと危惧してしまって書きづらくなったのではないかと思います。
大半の人は「申し訳ありませんがどうしてもわからないので教えてください」と書いてくるのですが、中には「自分で考えるのめんどくさいから教えてよ、なんでも知ってるでしょ」 「ソフトがタダだから質問も当然タダだよね」「なんでもやってくれる人、素晴らしいわぁ」といったノリで軽い気持ちで聞いてくる人もいます。
質問に答えるには開発者であってもそれなりに調べることがありますし、わかりやすく文章を書くにも時間がかかります。
ユーザーさんが増えて、こうした問い合わせも多くなり、正直なところうんざりしています。
中には勝手に「自分の思い通りに動いてくれるすばらしい人」と思い込んでいて、そうでないとわかると怒りだす厄介な人もいます。
フリーソフト質問対応


解決策

二つ考えてみました。
一つは、開発者に質問を向けない方法です。
ソフトは無償、サポートは有償にします。たとえ少額であっても、お金を払うという行為に対してはためらいがあるので、開発者への質問は激減するでしょう。
今困っていることは、開発者への負担集中なので、サポート有償化でこの問題は解決できます。
しかし全体を考えてみると、問題は解決されるわけではありません。開発者に集中していた負担をユーザーに跳ね返しているだけです。ユーザー側から見れば、問題を苦労して自分で解決するか、お金を払うか、という負担が増えることになります。
フリーソフト質問対応


コミュニティを活性化する仕組みを作る

二つ目は掲示板に変えてユーザーコミュニティを作り、この中で解決してもらうという手段です。単純にコミュニティーを作っても、掲示板と同様に、閑古鳥が鳴くでしょう。
そこで活性化する仕組みを作っておきます。
具体的にはDiscordというツールでコミュニティーを作ります。Discordには発言すると発言に応じてレベルアップするアドオンがあるのでこれを導入します。
質問したり回答したりすると、自分がレベルアップするのです。
単純にレベルアップするするだけではモチベーションに繋がらないので、
レベルアップごとに役職が上がり、役職に応じて開けられる宝箱を用意しておきます。
中にはプレゼントとして洋裁CAD用の型紙データを置いておきます。

こういう仕組みを作っておけば、プレゼントが欲しいのでレベルを上げたい、レベルを上げたいのでたくさん質問をしたり、質問に答えたりする、という流れができます。
現状では人の質問に回答しても自分にメリットはありませんが、この仕組みではメリットが生まれるので、コミュニティはうまく回り始めるでしょう。
フリーソフト質問対応


実際の対応

これが最も良い解決策だと思うのですが、よく調べてみたらレベルアップで自動的に役職を割り振るアドオンは有料でした。
金額としてはそう高くはないのですが、フリーソフトを提供してかつ自腹でお金を出してアドオンを購入するというのはちょっと納得がいかないです。
あまり良い解決策がないので、当面は「開発者への直接の質問を受け付けない」ということで対応することにしました。
掲示板はもう古いのでやめてしまい、代わりにDiscordで作ったコミュニティを置きます。もしかしたらこれだけでコミュニティが回り始めるかもしれないので、しばらく様子を見てみます。
アドオンは99.99ドルなので、少額のクラウドファウンディングみたいな感じで、型紙楽天 データと交換で資金を集めるという方法もありかもしれませんね。

最終更新日: 2020-05-31 11:57:51

ともさんのHP >ものつくり >ともさんの開発室 >フリーソフト開発者の嘆き

広告
新着ページ

H8マイコンでLチカ  
キャベツと白菜とブロッコリーを同時に育てる  
H8でLED点灯  
AKIH83694FをPCに接続  
H8マイコン  
小屋を立て直す  
情報カードのデータベース化  
雑草でグリーンカーテン  
ミシン机(テーブル)の自作  
USBカメラで天体写真撮影  
アパレル3DCADで製図  

他のサイト

3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます