ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >梅の剪定

2、3年放置した梅の樹の剪定手順

庭の梅の木を剪定せずに放置していたら、大きくなりすぎたうえに実もあまり付かなくなってしまいました。
3年くらいかけて小さく整え、実が付くように戻そうと 剪定 楽天 しています。
梅の木の剪定のしかたを紹介します。

広告

梅の木は樹勢が強く、1年でも大きく育つので、放置するとすぐに大木になってしまいます。
数年間放置してしまった場合、一度に剪定して小さくすると樹が衰えてしまうので、 何年かかけて徐々に元の大きさに小さくしてゆきます。

剪定しなかった梅の木の形

何年も剪定をしなかった我が家の梅の木は下の図のような形になってしまいました。
剪定を怠った梅ノ木

同じ樹でも、枝同士は激しく生存競争をしています。 光を受けようとせめぎあいを続けるので、個々の枝は長く伸びてしまい、葉は長い枝の先端のほんの少ししか付きません。
枝同士は乱雑に交差し、たくさんの細長い枝が絡み合ってしまっています。

梅の樹一年目の剪定

まず最初の年は、余分な枝を間引きます。樹頂部の枝を重点的に減らして、樹冠内部に光が入るようにします。
下の図は葉も書いていますが、剪定の時期は冬ですから、葉はありません。
放置した梅の木の剪定図解

梅の剪定2年目

剪定後、次の秋頃には下の図のような状態になります。 樹の内部に日が入るようになったので、枝の根元のほうから新しい枝が伸び、葉をつけています

広告

梅の木の整枝

梅の剪定3年目以降

根元近くの枝が伸びてきたら、徒長した長枝の先端部を切り詰めてゆきます。
若い枝も伸びすぎたものは切り詰めます。
こうして何年かすれば樹はコンパクトな大きさに戻り、実もたくさん付くようになるでしょう。
梅の樹形を整える

枝の数を抑えてそれぞれの枝にまんべんなく日が当たるようにし、コンパクトに仕立てます。
長い枝の先にちょこっと葉の付く状態だったものを、短い枝にまんべんなく葉が付くようになおすと、 木も無理をして背伸びする必要がなくなり、実をたくさんつけるようになります。

最終更新日: 2018-11-29 08:04:47

ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >梅の剪定

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

雨樋の補修  
新幹線で車中泊体験  
竹収納棚  
竹を曲げる方法  
【家庭菜園】輪作プラン  
電磁パルス(EMP)対策  
薪ストーブの故障  
体温発電を考えてみる  
新幹線の旅  
アイマスクの作りかた  
布生地を織布工場から購入  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます