ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >女王蜂育成用巣箱を作りました

女王蜂育成用巣箱を作りました

ミツバチの人工分蜂のしかたにかんする考察で 考えた女王蜂育成用巣箱を作りました。「育成用」といっても単に小さな巣箱楽天 で、幅を狭くして入れられる巣板を少なくしています。

巣箱の加工手順

まずは材料。1×6材4本をホームセンターで購入して切ってもらってきました。
長さ503mm×10本、240mm×2本、250mm×2本で2箱作ります。
養蜂巣箱の材料


広告

巣枠を掛けるための切り欠きをテーブルソーでカットします。
片側だけでよいのですが...あれ、何を勘違いしたのか両側に切ってしまいました。
機能上は問題ないのでそのまま続行します。
テーブルソーでカット 間違えて切断


側板2枚を張る前の状態が下の図。
組み立て中の女王蜂育成巣箱


繁殖用養蜂箱の完成

出来上がった巣箱。結構簡単に出来ました。
女王蜂育成巣箱


蓋は、180mm幅の杉板です。そのままだと反ってしまうので枠を付けました。
蜜蜂の巣箱の蓋 完成した女王蜂育成巣箱


蜂舎の中で使用するので、いつものように風雨対策は考慮していません。

現在のミツバチ状況は、西洋ミツバチ3群。うち1群は無王状態。日本蜜蜂1群は逃亡してしまっています。
無王群には有王群から子虫のいる巣板を導入して様子を見ることにしました。うまくいけば子虫が新女王に育つかもしれません。

最終更新日: 2018-05-07 04:47:19

ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >女王蜂育成用巣箱を作りました

広告
新着ページ

涼感インナーの比較評価  
ほおずきの栽培方法  
アメリカザリガニの飼育  
雑草でグリーンカーテン  
雑草マルチ  
道後温泉で雨の露天風呂  
アロハシャツの作りかた  
シロアリの生態と対策  
ゴアテックス生地の入手方法  
JavaでJavaScriptを実行  
蟻の飼いかた  

他のサイト

3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます