ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >ソラマメの栽培方法

そら豆の作り方栽培方法

ソラマメは家庭菜園でも比較的簡単に出来る作物の一つです。
このページではソラマメの種まきから収穫までの育て方とその様子を紹介しています。

広告

種の準備

まずは種を準備します。最初はホームセンターやネットで注文します。
ソラマメは大きい品種ほど美味しいですが、大きい品種は小さい品種に比べて少し作りにくいようです。収穫量も一粒が大きい方が若干少なめ。
おすすめ、というか私が毎年作っているのは「一寸おおそらまめ」という品種です。タキイ種苗からネットで取り寄せています。
一寸おおそらまめ

ソラマメの種は大きいためか高価な部類に入ります。一袋買ってもあまりたくさんは入っていません。写真の袋には18粒入りです。
私の場合は、最初の年は種を購入して栽培し、自家採種して次の年に蒔いています
毎年毎年自家採種の種を使っているとだんだん小さくなってしまうので、毎年一袋種を購入し、この購入した種から自家採取しています。
これで質の良い種をたくさん入手できます。

種まきの時期
寒いところでは春にまくそうですが、私の住んでいる瀬戸内地方では秋に種まきをします。時期は大体10月の中旬から下旬ぐらいです。
品種によって適期は異なるので、種の袋に記載されている時期を確認するとよいでしょう。「一寸おおそらまめ」はこんなスケジュールになっています。
ソラマメの種蒔き時期

10月下旬から11月上旬に種まきすると、5月下旬から6月初旬に収穫できそうです。
この時期はちょうどサツマイモが収穫されているので、サツマイモの後作にすると畑の空き時間が少なくなります。
他の作物と同じですが、雨の降る前に種まきをすると、発芽率がよいのでタイミングを見計らって蒔きましょう。

種まきの仕方

ソラマメは多湿を嫌うそうです。
一晩水につけてから種まきをする野菜もありますが、そら豆では水につけるとかえって発芽率が落ちてしまうそうです。
種の「お歯黒」を下にして土から種が少し見えるくらいの深さに蒔くと発芽率が良いそうです。
ソラマメの種蒔き

発芽しないからといって水をやりすぎるとかえって発芽率が下がります、この辺り、手加減が難しいですね。
種が見える状態だと、カラスに見つかってほじくり返されてしまう場合もあります。今年は見つけられずに、うまく発芽してくれました。

発芽までの期間は一週間ぐらいです。他の野菜はもっと早くだすのでヤキモキしてしまいます。
畑に直接種まきする方法とポリポットに種まきする方法があります。
少しの量であれば、手厚く世話のできるポットに種まきしてから畑に定植する方法が良いと思います。カラス食べられることもありません。
たくさん作る場合はポット苗では手間がかかりすぎるので、畑に直接蒔くと良いでしょう
私の場合は畑に直接種まきしていますが、発芽しない種もあるので、その空いた場所を埋めるためにポット苗も並行して育てることにしています。
ソラマメの苗畑で芽を出したソラマメ


--以下製作中--

最終更新日: 2019-11-20 08:55:50

ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >ソラマメの栽培方法

広告
新着ページ

メニューバー  
歴代衣装  
柿の樹皮を剥く作業  
男性用原型製図のしかた  
桃の剪定  
育苗棚の作り方  
ガマの除草  
笹原の開墾  
ボタンやラベルの修飾方法  
アイコンの差し替え  
シイタケの栽培  

他のサイト

3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます