ともさんのHP >ものつくり >木工 >型紙収納ケース

【洋裁】型紙収納ケースの自作

洋裁に使う型紙を整理保管する引き出し式の収納ケースを作ったので紹介します。
押し入れに入れる収納棚と同じサイズにして、上に衣装ケースを載せることで、効率的に物を収納できるようにしました。
ちなみに、型紙楽天 入れの上の衣装ケースには、在庫布がたんまり収納されています。
型紙入れ 型紙入れ

広告


以前の型紙整理箱の欠点

これまでは、べニア板を加工して作った型紙入れを使っていました。
べニアのまわりに角材をボンドで貼り付けて作った枠を2枚作り、間に型紙を入れるシンプルなものです。
古い型紙入れ 古い型紙入れ

これだと、型紙入れ自体の置き場所に困る問題がありました。立てると型紙がはみ出てしまうので、寝かせておくことになりますが、上に物を重ねられないので、結局これ自体が大きなスペースをとってしまうのです。

押し入れに引き出し式に格納

そこで考えたのが、今回作った収納棚です。上に物を重ねられるので場所をとらずに済むようになりました。
以前の物より小さくなったので、型紙を折る必要がありますが、前回の収納箱も大きな型紙は折っていたので、まあよしとしましょう。

構造

押し入れの半分を使い、上に布団や衣装ケースを重ねられるように考えました。
枠を作り、その中に引き出し式の型紙入れを挿入します。
上に重ねる衣装ケースの寸法と構造を調べて、衣装ケースの重量がどの位置に掛かってくるかを確認、その部分で衣装ケースの荷重を受けるよう、枠の形を決めました。
調べたところ、衣装ケースの内部には、右中左、前中後合計9か所に柱が立っていたので、この位置で荷重を受けるようにしました。
衣装ケース自体は軽いですが、中身を入れると、およそ50Kgくらいにはなると思います。支える位置を間違えると歪んでしまったり、最悪壊れてしまうと思います。
材料は、1×4(幅89o、厚み19o)と1×6(幅140o、厚み19mm)、2.5o圧のべニア板を使い、購入したホームセンターでカットしてもらいました。
カットした木材

1×6材は枠に、1×4材は型紙入れに使います。幅が約50mmあるので、大きな隙間ができてしまいます。テーブルソーなどを使って1×6材を縦挽きし、幅を小さくすれば隙間を減らせますが...
引き出しの隙間

今回はそのまま使いました。この分がデッドスペースになってしまいますが、そのくらいは我慢しましょう。縦挽きするのが正直なところ、めんどくさかったのです。

広告


設計

いつものように(趣味用途なら)無償で使える3D-CAD、Fusion360を使ってモデルを作りました。
パターン収納3Dモデル

押し入れにピッタリ納まり、上の衣装ケースの荷重を受け、残材があまり出ないように各部の寸法を決定。そのあと木取り図を作りました。
木取り図

この木取り図は、ホームセンターに持って行き、店員さんにカットしてもらうためのものです。
この図を作っておかないと、寸法を間違って切ったり、数を間違えたり、やたらと残材が多くなってしまうので、時間をかけても作ったほうが、結果としてスムーズに短時間で作れます。
もう一つ、組み立て時に参照するための2次元図も作っておきます。
型紙庫組立図

3D-CADというと3Dプリンターを使って、作るイメージがあって、2Dなど不要なイメージがありますが、手作業で実際の物を作るときは、やっぱり2次元図がないと困ります。

組み立て

ホームセンタで木材を購入、切ってもらったので、コーススレッドをを使って組み立ててゆきます。
カットした木材


まずは枠の組み立て。
型紙枠 パターン枠

平面上においてもガクガクしないよう、気を付けて組み立てます。

次は中に入るトレイ。
型紙トレイ 型紙枠

広告


簡単な構造なので、組み立ては2時間掛からずに済みました。
押し入れに格納するとこんな感じになります。
型紙入れ 型紙入れ


うまく出来たように見えますが...実はミスが1ケ所。
製作ミス


べニア板が、指示通りの寸法でカットされておらず、はみ出してしまいました。
足りなかったら切り直しになってしまうのですが、大きすぎなのは幸いでした。トレイ枠に固定したのち、余った部分をのこぎりで切ろうと思ったのですが、
枠に挿入してみると、ギリギリ隙間があってそのままでも入りました。
切り落とすのも労力かかるし、手出来ると切断面が汚くなってしまうので、このまま使うことにしました。

型紙収納ケースの完成

これで完成です。型紙をすべて格納しました。
収納した型紙

この収納ケースを作る前に押し入れはどうだったかというと...下のような状態。
まだ使っていない在庫布の入った段ボール箱を重ねて積んでいました。
この状態だと、どんな布があるのか、探すのが大変で、新たに布を買ってきてから「既に持ってた」と気付くこともありました。
段ボールを止めて、取り出しやすい衣装ケースに変えることにしたのですが、その際にできる余り空間を型紙収納に使うことにしたのです。
改善前 改善後

これでスペースの有効活用ができた上に、使いやすくなりました。これからもたくさん服を作ろうと思います。

最終更新日: 2018-11-05 13:05:28

ともさんのHP >ものつくり >木工 >型紙収納ケース

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

雨樋の補修  
新幹線で車中泊体験  
竹収納棚  
竹を曲げる方法  
【家庭菜園】輪作プラン  
電磁パルス(EMP)対策  
薪ストーブの故障  
体温発電を考えてみる  
新幹線の旅  
アイマスクの作りかた  
布生地を織布工場から購入  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます