ともさんのHP >ものつくり >木工 >型紙収納ケース

【洋裁】型紙収納ケースの自作

洋裁に使う型紙を整理保管する引き出し式の収納ケースを作ったので紹介します。
押し入れに入れる収納棚と同じサイズにして、上に衣装ケースを載せることで、効率的に物を収納できるようにしました。
ちなみに、型紙楽天 入れの上の衣装ケースには、在庫布がたんまり収納されています。
型紙入れ 型紙入れ

広告


以前の型紙整理箱の欠点

これまでは、べニア板を加工して作った型紙入れを使っていました。
べニアのまわりに角材をボンドで貼り付けて作った枠を2枚作り、間に型紙を入れるシンプルなものです。
古い型紙入れ 古い型紙入れ

これだと、型紙入れ自体の置き場所に困る問題がありました。立てると型紙がはみ出てしまうので、寝かせておくことになりますが、上に物を重ねられないので、結局これ自体が大きなスペースをとってしまうのです。

押し入れに引き出し式に格納

そこで考えたのが、今回作った収納棚です。上に物を重ねられるので場所をとらずに済むようになりました。
以前の物より小さくなったので、型紙を折る必要がありますが、前回の収納箱も大きな型紙は折っていたので、まあよしとしましょう。

構造

押し入れの半分を使い、上に布団や衣装ケースを重ねられるように考えました。
枠を作り、その中に引き出し式の型紙入れを挿入します。
上に重ねる衣装ケースの寸法と構造を調べて、衣装ケースの重量がどの位置に掛かってくるかを確認、その部分で衣装ケースの荷重を受けるよう、枠の形を決めました。
調べたところ、衣装ケースの内部には、右中左、前中後合計9か所に柱が立っていたので、この位置で荷重を受けるようにしました。
衣装ケース自体は軽いですが、中身を入れると、およそ50Kgくらいにはなると思います。支える位置を間違えると歪んでしまったり、最悪壊れてしまうと思います。
材料は、1×4(幅89o、厚み19o)と1×6(幅140o、厚み19mm)、2.5o圧のべニア板を使い、購入したホームセンターでカットしてもらいました。
カットした木材

1×6材は枠に、1×4材は型紙入れに使います。幅が約50mmあるので、大きな隙間ができてしまいます。テーブルソーなどを使って1×6材を縦挽きし、幅を小さくすれば隙間を減らせますが...
引き出しの隙間

今回はそのまま使いました。この分がデッドスペースになってしまいますが、そのくらいは我慢しましょう。縦挽きするのが正直なところ、めんどくさかったのです。

最終更新日: 2018-09-25 08:17:09

ともさんのHP >ものつくり >木工 >型紙収納ケース

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

スイートピーの栽培、手入れ、増やしかた  
長年放置された柿を元に戻す方法  
原型型紙のダウンロード  
土壁を自分でリフォーム  
柿の樹皮を剥く作業  
初心者の柿の剪定  
薪ストーブを設置しました  
柿の木、剪定前後の比較写真  
炭焼き窯作りました  
柿の剪定方法の解説  
カッティングプロッターで家庭向けCAD-CAM  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます