ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >トマト抑制栽培

トマトの種を遅く蒔く試験

トマトを種から育てるには、2月頃に加温して種蒔きする必要があります。
設備がないと難しいので、早生品種を選んで5月に種まき、秋に収穫する栽培を試みました。

広告


トマトの早生品種

タキイ種苗の「桃太郎T93」という品種を育ててみることにしました。
栽培期間は下の表(タキイ種苗サイトから転載)
トマトの栽培期間

これを見ると、十分暖かくなって加温の必要が不要な4月下旬に種蒔きをしても秋には収穫が出来そうです。
普通の品種のトマトはこの頃には盛りを過ぎているので、継続して収穫できるメリットもありそうですね

栽培の経過

5月3日
種蒔き。
ポリポットに種を蒔いて、乾燥しないように新聞紙を掛け、上からさらに水をかけて湿らせておきました。
トマトの種蒔き


5月16日
発芽。
双葉が出ました。残念ながら発芽率は低め。
種を埋める深さがむつかしいみたいです。
トマトの発芽、双葉


6月14日
定植しました。
畑に植えて支柱を立て、固定しました。
隣にホームセンターで購入した苗を植えていますが、こちらはもう1m近くの大きさになっています。
トマト苗の定植


7月6日
生育状況。
購入苗はもう収穫が始まっていますが、実生はまだヒョロヒョロの状態。
トマト生育状況


9月19日
台風被害。
棚が風で倒れてしまいました。だいぶ傷んだものの、立て直しておきました。
他のトマトはもう収穫終わってしまったのですが、実生トマトはまだ実が付いていません。
台風被害


10月24日
すっかり秋ですが、まだ実はつかず。
生育状況


やっと実が付いて、少しづつ大きくなってきましたが、冬に入り霜が降りて枯れてしまいました。
枯れたトマト


反省点

早生品種といっても花が咲くまえに秋になってしまいましたから、もう少し早く種蒔きをすればよかったですね。
逆算すると4月初めには種蒔きしておくべきだったと思います。
その時期はまだ気温が上がっていないので、加温はやっぱり必要になりそう。
来年また挑戦してみます。

最終更新日: 2018-01-16 07:57:28

ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >トマト抑制栽培

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

風呂場の土壁に出没する巨大なクモ  
寒冷紗の防虫効果  
ガマの除草  
ベジェ曲線の原理  
エクセルマクロでライフゲームを作る方法  
Raspberry Piを太陽電池に接続  
小動物の飼いかた  
マムシに咬まれない対策  
秋ジャガイモの栽培  
彼岸花の栽培、手入れ、増やしかた  
無償で使える3D-CADの比較評価  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます