ともさんのHP >ものつくり >温室の研究 >実用的な温室の自作

無加温温室のDIY検討

以前から温室が欲しいと思っていますが、いまだに持っていません。
温室楽天 」という名前のものであれば、ホームセンターでも小さなものが比較的安く売っていますが、うまく活用されているのを見たことがありません。
街角で見かけるこうした温室は、中に枯れた草が茂っていたり、洗濯物が干してあったりするばかりで、うまき機能しているとは思えないです。
なぜうまく機能を果たせていないのでしょうか...どうも温室内の気温が極端になるためのようです。
寒い冬でも、温室内は昼は暑すぎ、夜は外気と同じになってしまいます。
そこで、温室の気温をうまく安定させる方法を考えてみました。

温室の気温を安定させるために

以下は頭の中で考えたもの、気温等は想像です。

管理しない温室の室温

普通の温室では、外気と比較して下図のような具合になっていて、 植物には過酷な状況になっているのだと思います。

    赤:温室内の気温 青:外気温                       温室のかたち
温室の内外気温 温室の形

広告


暑くなったら換気して、寒くなれば加温してあげれば、もちろん改善するのだろうけれども、 毎日朝晩温室に目を配れる人はそういないでしょうから、結局はうまくゆかなくなるのだと思います。


熱を逃がさない温室

まず室温を下げないようにするにはどうすれば良いか、考えてみましょう。
ガラスを2重にしたり、ガラスである必要のない北側のガラスを保温性のある壁にすれば、 熱は逃げなくなりますね。

    赤:温室内の気温 青:外気温                       温室のかたち
断熱性の高い温室の内外気温 断熱性の高い温室の形


しかし、今度は最高気温が上昇してしまいます。太陽光の差し込む昼間でも断熱性が高いので、 日中はオーバーヒートしてしまいます。


広告

熱を貯める温室

そこで、今度は気温の変動を減らすようにしてみましょう。
温室の中に比熱の大きいもの、簡単にいうと、レンガや水のようなものを温室内に入れておきます。
温室内の気温が上昇しようとすると、冷たいレンガや水に空気が冷やされて、なかなか暑くならない。
逆に気温が下がろうとしても暖かい水やレンガに空気が暖められて、なかなか室温は下がらない。
温室内の気温が安定すると期待できます。

    赤:温室内の気温 青:外気温                       温室のかたち
蓄熱性の高い温室の内外気温 蓄熱性の高い温室の形


こんな温室であれば、管理の手間も要らず、植物もすくすく伸びてくれるでしょう。


このページには続きがあります。 こちら

最終更新日: 2018-09-27 07:53:19

ともさんのHP >ものつくり >温室の研究 >実用的な温室の自作

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

雨樋の補修  
新幹線で車中泊体験  
竹収納棚  
竹を曲げる方法  
【家庭菜園】輪作プラン  
電磁パルス(EMP)対策  
薪ストーブの故障  
体温発電を考えてみる  
新幹線の旅  
アイマスクの作りかた  
布生地を織布工場から購入  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます