ともさんのHP >ものつくり >電子工作 >自動水やり装置の修理

自動水やり装置の修理

春になって種まきのシーズンになったので、自作の自動水やり装置を動かそうと装置の電磁弁を開いてみると、なぜか大量の水漏れ。
中を開けて調べてみると...

広告

壊れた自作の自動水やり器


うわ、配管が割れている!
冬の寒さで塩ビパイプの中にたまった水が凍結し、破裂してしまったようです。
水抜き、すっかり忘れてました。
急いでホームセンターへ行き、塩ビパイプを購入して直しました。
自動水やり 楽天 装置、復活。
自作の自動水やり器の配管

直した配管。電磁弁の前に流量調整弁をつけて推量調整をしやすく改良しました。
水道からのホースとの取り合いねじのピッチが合わず、水漏れしてましたが、これもピッチのあったものに交換、すっきりしました。

自作の自動散水装置

台に固定して
自作の自動散水装置

保護箱をかぶせて修理完了。今まで通り使えます。
あれ!?電磁弁が箱からはみ出している。流量調整弁を追加して伸びてしまったのですね。
うーん、まぁ、このまま使おうか。

最終更新日: 2017-01-13 08:04:41

ともさんのHP >ものつくり >電子工作 >自動水やり装置の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加
新着ページ

柿の枝の剪定方法  
吉田式巣箱  
ミツバチの巣箱  
日本ミツバチ巣箱の種類  
あやめの栽培、手入れ、増やしかた  
日本ミツバチ用重箱式巣箱の各部名称と機能  
ミツバチへの砂糖水給餌のしかた  
メンズベストの製図方法・作りかた  
ペットボトルを利用したスズメバチホイホイ  
シャガの栽培、手入れ、増やしかた  
自動水やり器の自作  

他のサイト

3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます