ともさんのHP >ものつくり >自動車 >日本の自動車産業

日本の自動車産業の歴史

戦前

明治40年に初の国産自動車が生まれる。
大正15年、GMが日本へ進出する。
このころ日本では自動車産業はまだ育っていなかった。
市場が小さい、資本不足、大量生産技術の不足などが原因。
昭和11年法律により実質的に輸入車が禁止される。軍需産業としての自動車産業を保護するのが目的であった。
その後、国内自動車産業はトラックを中心に進展してゆく。

戦後

戦後、朝鮮戦争特需により日本メーカーは経営基盤を立て直す。
各メーカーは、海外メーカーと技術提携して自動車のノックダウン生産に乗り出す。
日産−オペル A40
日野−ルノー 4CV
いすゞ−ヒルマンミンクス
トヨタは自主開発

1960年代には各メーカーともノックダウン式生産を終え、自主生産ができるようになった。

1970年代にオイルショックがおこると、アメリカで小型車の需要が拡大し、日本車の輸出が急速に拡大した。

戦後自動車産業発展の理由

 朝鮮戦争の特需があった
 復興産業として注目された
 政府が外国資本を警戒し、資本の自由化を許さなかった
 ビッグ3の進出が遅れた
 高度経済成長が始まった

最終更新日: 2013-11-08 20:38:25

ともさんのHP >ものつくり >自動車 >日本の自動車産業

新着ページ

蜂舎のこと  
モクレンの栽培、手入れ、増やしかた  
袴の作り方  
ブドウ棚を組み立てました  
任形状の平面ポリゴンの作成方法  
デジタルスリットカメラの自作  
薪ストーブで炭焼き  
フリーソフトに広告  
布生地を織布工場から購入  
書斎の改造計画  
書斎机の改造  

他のサイト

3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます