ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >日本ミツバチの待ち箱を作りました

日本ミツバチの待ち箱を作りました

分封シーズン間近なので、日本ミツバチの待ち箱を作ってみました。
待ち箱とは、春に巣別れ(分蜂)したミツバチの群れを捕まえる箱のことです。
居心地のよい箱を山の中など、蜂の好きそうな場所に置いておき、蜂群が入ったら箱ごと持ち帰り、飼育します。

広告

待ち箱の自作

仕事が忙しくて、土曜はフルに仕事だったので、日曜の午後を使って製作。
ともかく時間がないので、簡単な構造にしました。
ニホンミツバチの待ち箱作り方

180×15の板材を300と230に切断。300を4枚、230を2枚でひと箱できます。


天井になる板の内側には、蜜蝋を塗りました。
塗ったのは西洋ミツバチの蝋です。日本ミツバチ楽天 の蝋はちょうどなくなってしまったので。
蜜蝋


4箱完成しました。 出入り口の穴はφ40。鳥が出入り出来るほど巨大です。というか、鳥の巣箱ですね。
手持ちのドリルがちょうどよいサイズがなかったもので、大きくなってしまいました。
春になると、家の板壁の節穴を興味深そうに覗き込む蜜蜂をよく見かけます。ですので、待ち箱の出入り口は丸型がよいと思ってます。
もしかしたら、穴を炭などで黒く塗っておくと、より効果的かもしれません。
蜜蜂待ち箱


待ち箱の設置場所

出来上がったのでさっそく設置しました。
2つは近所の山へ置きました。親戚の土地に置かせてもらいました。
ちょっと開けていて、ミツバチも見つけ易そうなとこに置きました。 この近くには神社があって、そこの祠に営巣している蜂たちがいます。
この群の分封群を狙っての設置です。
ニホンミツバチ待箱 日本ミツバチ待箱


3つ目は家の前の畑の中。近くに菜の花が咲いていて、天気のよい日は蜜蜂たちの羽音が 溢れています。蜜集め役の蜂と新居探し役の蜂は別だと思うのですが、とりあえずここに置きました。
日本蜜蜂待ち箱


広告

最後の箱は池の隣の炭焼き小屋の軒下。ここが一番可能性低そうですな。 日本蜜蜂待ち箱


私の住んでいる場所では毎年4月10日前後に最初の分蜂が見られます。 なんとか箱作りが間に合いました。さて、ミツバチさんたちは気に入って入ってくれるかな? 楽しみです。


日本ミツバチをめぐるトラブル

後日見てまわったところ...どの箱にもミツバチは入っていませんでした。
一部の巣箱楽天 は置いたままにしてありますが、3年たった今もミツバチはおろか、鳥も入居していません。
やはり穴が大きすぎたのですかね。
最近はミツバチブームで待ち箱を人の土地に勝手に置いたり、盗難があったり、置き場所をめぐって争いが 生じたりしているようです。困ったものです。

最終更新日: 2018-01-23 08:26:51

ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >日本ミツバチの待ち箱を作りました

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

Jarファイルから別のJarを呼び出す  
ヒバカリの飼育  
涼感インナーの比較評価  
メンズシャツの縫い方  
ツバメの巣作り  
JavaFXマウスで視界移動  
男性用ズボンを作りました  
庇の作り方  
大腸カメラ検査体験談  
西洋ミツバチ雨の日の内検  
道後温泉で雨の露天風呂  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます