ともさんのHP >ものつくり >自分でリフォーム >井戸保護カバーの自作

古くなった井戸の蓋を付け替える

井戸のフタを自作して取り替えました。いままで使っていた木製の蓋は、だいぶ腐食していて、危険になったためです。
井戸楽天 ポンプを蓋の上に載せていたので、ポンプが井戸に落下してしまう危険もありました。
落ちて大変なことになる前に更新です。

広告


井戸蓋の作りかた

1×6材を使用しました。1×6材とは、厚み19mm、幅140oのツーバイフォーの仲間の規格材です。
これを並べて角材を3本、直行して渡し、固定します。
井戸のフタ自作


ジグソーで丸くカット。
配管を通す為の切欠きをつけたら完成です。
1時間ほどで出来ました。
井戸のフタ 井戸のフタ


井戸に取り付けたところ。
古いフタはこんな感じでボロボロの状態でした。しかも 井戸ポンプ 楽天 がフタの上に乗っていたので、「いつポンプが井戸に落ちるかわからない」状態だったのです。
井戸ポンプは別に台を設けてそこへ移動です。
これでひとまず安心ですが、フタはいつも結露しているので、やがて腐ってしまいます。
防腐材を使おうかと思いましたが、井戸水に混じったら嫌なので何も塗りませんでした。
この状態でも10年くらいはもつでしょう。
ステンレスの板やコンクリートで蓋してしまう場合が多いようですが、完全に密閉するのもちょっといやな感じがします。
井戸のフタ 井戸のフタ


改造

後日、蓋を開けてみると大量に結露していて驚きました。
古い蓋のようにある程度通気できないと、結露してしまいますね。埃が入りますが仕方がありません。
板を外し、縦に細く切りなおして隙間を作りました。
これ以降結露するここともなく、普通に使っています。

最終更新日: 2017-04-07 10:34:04

ともさんのHP >ものつくり >自分でリフォーム >井戸保護カバーの自作

新着ページ

蜂舎のこと  
モクレンの栽培、手入れ、増やしかた  
袴の作り方  
ブドウ棚を組み立てました  
任形状の平面ポリゴンの作成方法  
デジタルスリットカメラの自作  
薪ストーブで炭焼き  
フリーソフトに広告  
布生地を織布工場から購入  
書斎の改造計画  
書斎机の改造  

他のサイト

3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます