ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >養蜂箱兼整理箱兼通箱を自作

ミツバチの巣箱兼整理箱を作ってみました

もう10年以上単身赴任を続けています。引越しの度にもてあますのが、ダンボール箱です。 引越し前に購入するのも手間がかかるし、引越し終われば邪魔なだけで捨てるのも一苦労。
もう一つ困っているのが荷物整理。棚とか、持っていればいいのですが、荷物が多いと引越しが辛いので増やしたくないのです。
そんなことで、引越し時は荷物を入れる箱、住むときは整理箱になるものを作ることにしました。通い箱のようなものかな?ちょっと違うか。

広告

これなら一石二鳥で、単身赴任生活の質もより良くできます。
この箱、単身赴任が終わって不要になったときにはミツバチの巣箱にできるようにも設計しました。
趣味でミツバチを飼育しているので、リタイア後は養蜂箱にして長く有効に使う目論見です。
整理箱用材料


とりあえずは材料を購入してカットしました。1×6材長さ6尺(1820)を18本購入して切りました。 これで9箱できる予定。


そのままでは深さが足りないので、2枚を貼りつけます。ビスケットを使いました。 写真はボンドとビスケットで継いだ材を乾燥させているところ。冶具が4個しかないので、二枚づつ貼り付ける地道な作業。
整理箱用材料

テーブルソーを用いて深さを調整し、ふたをスライドさせる溝を切り、箱に仕上げます。

巣箱兼整理箱兼通箱の完成

巣箱楽天 兼整理箱、完成しました。週末帰省しての作業だったので、1月ほどかかってしまいました。
普段は単身赴任先で整理箱として使い、引越し時には蓋を閉めてそのまま輸送します。整理箱の役目を終えたら、ミツバチの巣箱になります。
早速単身赴任先へ運んで使おうと思います。
巣箱兼整理箱


部屋ではこんなふうにモザイク状に置いて壁一面を収納スペースにします。
引越し時は蓋を閉めてそのまま搬出。


蓋は2分割してあります。なぜかというと...こんなふうに縦にレイアウトした場合に蓋を 横に渡して収納空間を作るため。
巣箱兼整理箱


箱には蓋を通す溝と、巣板を掛けるための切欠きを作ってあります。 整理箱の用途を終え、ミツバチの巣箱として使うときは、溝の部分を切り飛ばします。

広告

巣箱兼整理箱


底にはベニア板を張りました。これも巣箱にするときは外します。
巣箱兼整理箱

10年後の整理箱

上の文章は10年ほど前に書いたものです。現在はどうなっているかと申しますと...
なんと、20年にわたる単身赴任を終えて(会社を辞めて)とうとう我が家に帰ってきました。
整理箱は、下のようにとりあえずは棚代わりに使っています。養蜂も再開しようと思うのですが、その時は巣箱になってもらう予定です。
10年後の整理箱

最終更新日: 2018-03-13 04:30:32

ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >養蜂箱兼整理箱兼通箱を自作

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

Jarファイルから別のJarを呼び出す  
ヒバカリの飼育  
涼感インナーの比較評価  
メンズシャツの縫い方  
ツバメの巣作り  
JavaFXマウスで視界移動  
男性用ズボンを作りました  
庇の作り方  
大腸カメラ検査体験談  
西洋ミツバチ雨の日の内検  
道後温泉で雨の露天風呂  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます