ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・デザイン >筋肉質の人の原型型紙

洋裁CADでスポーツマンタイプの人の原型型紙補正

原型型紙の製図方法はドレメ式や文化式など色々あります。
どの方法で製図しても標準的な人にはよくフィットしますが、標準から外れている人はどこかきつかったり、逆にダブついたりしてしまう場合が多いです。
「産業技術総合研究所 AIST/HQL人体寸法・形状データベース2003」から97人の人体3Dデータを提供していただけたので、 この中から標準外の体系を持つ人を選んで原型型紙楽天 の補正を試みています。
いろいろな体格の人を補正すれば、補正が必要な個所が判ってくるので、その結果を用いて補正機能付きの原型型紙を作りたいと考えています。
バストの大きい人や肥満の人について実行しましたが、今回は筋肉質の男性に原型型紙を装着して補正します。

広告


人体3DデータとCADと原型型紙

こんな体型の人です。腹筋が割れてますね、胸が大きく全体的に逆三角形の体型をしています。右肩が下がって体が湾曲していますが、クセなのでしょうか。
一般的にどんな人も対称ではないのですが、この人は特に湾曲が大きいと感じます。
筋肉質の人の人体3Dデータ

97名のうち女性には筋肉質の人がいませんでした。前の2回では女性の検討したのですが、今回は男性になります。
男性では3名ほど筋肉質の方がいましたが、この人が腹筋が割れていて一番筋肉質な感じがしたのでこちらの方を使います。

3DCADは洋裁CADを使います。私が開発しているフリーのアパレルCADです。最近3次元を使えるようになりましたが、まだ初歩的な段階です。 パラメトリック方式の製図方法を採用しているのが特徴で、数値を変えるとパターン形状がそれに応じて変形してくれます。 パターン楽天 が変わるとそれに応じて三次元の形状も変わります。

人体3Dデータに原型型紙を着せ、フィットしていない箇所を数値を帰ることで修正していきます。

原型型紙は文化式新原型男子を使いました。女性用の原型型紙の製図方法は複数あるのですが、男性用の原型型紙製図方法はあまりありません。 現状ではこの文化式ぐらいです。

補正なしでの問題点

3d上で着せてみたのが下の図です。意外とフィットしています。
肥満体型や胸の大きい人の場合は複数の修正箇所があったのですが、今回は袖ぐりの後ろ側がきついくらいです。
胸の筋肉がたくさんあるので、これに起因した支障がたくさん出るかと思っていたのですが、ちょっと意外です。
補正前の原型型紙 補正後の原型型紙


修正後の原型型紙

今回は袖ぐりの後ろを少し広げるだけで修正完了です。
胸の部分にたくさんの筋肉が付いているので布が前に取られてしまい後ろがきつくなったのかなと思います。
補正前後の型紙

最終更新日: 2020-08-04 11:45:23

ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・デザイン >筋肉質の人の原型型紙

広告
新着ページ

キャベツと白菜とブロッコリーを同時に育てる  
3Dポリゴンの交点  
柿の落葉病・防除と対策  
柿の枝の剪定方法  
H8マイコンでLチカ  
H8でLED点灯  
AKIH83694FをPCに接続  
H8マイコン  
小屋を立て直す  
情報カードのデータベース化  
雑草でグリーンカーテン  

他のサイト

3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます