ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >芭蕉の育てかた

芭蕉(バショウ)の育てかた、栽培方法

芭蕉の苗が販売されていたので購入して庭に植えました。特に手をかけるわけでもなく、放置しておいたら大きくなってくれました。
栽培方法といっても、特に何もないといえばないのですが、気づいた点を書いておきましょう。

広告

生育した芭蕉

バショウについて

高さが3mくらいになる巨大な葉をつける植物ですが、木ではなく多年草になるそうです。そのまま小さくするとショウガやジンジャーににた姿をしていますが、ショウガ目バショウ科に分類されます。
バショウ科に含まれる植物で有名なものはバナナ。芭蕉もバナナに似た実を付けますが、種は出来ないようです。
戦前はバナナのことを芭蕉という名で青果市場で扱っていました。
バナナ同様暖かい所に分布していますが、日本では関東以西なら露地栽培が可能です。
ちなみに私の家は岡山県です。
英語では「ジャパニーズバナナ」といわれていますが、原産地は中国らしいそうです。

バショウの利用

芭蕉というと植物の芭蕉より松尾芭蕉の方が有名なくらいですが、家の芭蕉から俳号をとったものです。
芭蕉の庭園

沖縄では芭蕉の繊維から芭蕉布を作っていました。
バナナに似た実が付きますが、食用には不適だそうです。

バショウの入手方法

ネット通販で苗を購入しました。価格は12000円ほど。
タキイ種苗か、サカタのタネで注文したのですが...どちらだったか忘れてしまいました。
いま検索してみましたが、どちらも現在は芭蕉は取り扱っていませんでした。鑑賞用のバナナは多く流通しているのですが、芭蕉はなかなか販売されていません。

育て方

春に苗が送られてきたので、空いている場所に植えました。その後はほぼ放置していましたが、数年で大きく育ってくれました。
バショウの苗2013年春 購入した芭蕉の苗を定植

巨大になるので、広い場所を確保しておく必要があります。また、大きくて植え替えはほぼ不可能、場所をよく考えて植えましょう。
バショウの苗2014年春 1年経過後の新芽が出てきたころ

そのままにしていると蔓植物がまとわりついてくるので、時々とり除いています。
冬には葉が枯れてしまいますが、とり除いたりはしていません。
芭蕉2015年秋 芭蕉らしくなりました

芭蕉2015年冬 葉が枯れた状態

肥料を与えたほうがよいのでしょうが...まだ与えたことがありません。
花が咲いて、小さな実が付きますが、大きくはなってくれません。
芭蕉の花2016年 3年目で花が咲きました。根元についているのが実です

芭蕉の実実は小さなバナナのような形ですが、これ以上大きくはなりません


数年たつと株も増えて見ごたえも出てきます。(下の写真右側の小さい葉っぱは三尺バナナです)
生育した芭蕉

分けつした株を移植すれば増やせそうです。少し間隔を開けていくつか植えて、木陰にベンチを置いたら風情があってよさそうですね。

最終更新日: 2018-03-27 07:56:17

ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >芭蕉の育てかた

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

Jarファイルから別のJarを呼び出す  
ヒバカリの飼育  
涼感インナーの比較評価  
メンズシャツの縫い方  
ツバメの巣作り  
JavaFXマウスで視界移動  
男性用ズボンを作りました  
庇の作り方  
大腸カメラ検査体験談  
西洋ミツバチ雨の日の内検  
道後温泉で雨の露天風呂  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます