ともさんのHP >ものつくり >小屋作り >畑小屋の設計と製作

畑小屋の設計と製作

農機具やテラー(耕運機)を保管する小屋を畑に立てることにしました。
今は作業の度に家から農機具楽天 や肥料などを運んでいるのですが、ちょっと離れた畑なので、移動に手間がかかります。
農機具や肥料テイラーが畑に置いてあるととても便利です。また屋根から落ちてくる雨水を貯めておけば、水を運ぶ手間も省けます。

広告


畑小屋の設計

三次元CADを使って設計を始めました。
サイズは3畳ほど、2×3mほどの大きさにしました。
大きすぎるとお金もかかるし10平方メートルを超えると法律上問題が出てきます。 2×3m、3畳のサイズなら面積は5平方メートルほどになります。これだけの面積があれば畑に置いておく物全てが入りそうです。
雨樋をつけて屋根楽天 に降った雨水を導いて、樽に貯められるように考えました。
つる植物を育てるのに便利なように、小屋楽天 の壁から棚を取り付けられるような構造にします。
できれば小屋の中で苗の育苗もしたかったのですが、広さと機密性を考えると無理そうなので、こちらは諦めました。

切り妻屋根

切り妻屋根の小屋 差し掛け屋根の小屋

主にツーバイフォー材を使うことを考えて作ってみました。屋根は切妻にしましたが、棟の部分が難しいので、段差を付けました。こういう構造は差し掛け屋根というみたいです。
モデリングしてから気付いたのですが、残材がたくさん出てしまいます。材木を切る回数も多いです。切妻だと両側に雨樋をつけなければならないので雨樋の数も増えます。

片流れ屋根

片流れ屋根の小屋

そこで、片流れ屋根でもう一度作り直しました。これだと残材がだいぶ減ります。構造も簡単になるし、雨樋も一箇所で済みます。
計算してみたら材料費が1万円ぐらい安くなりました。

基礎の設置

畑なので基礎はつけられないのですが、その代わりにコンクリートブロックを並べます。
縦に7つ、横に四つ合計22個のコンクリートブロックを使います。
しばらく耕作していない畑なので、笹の根がはびこってしまっています。これでは置きづらいので、いったん耕運機を入れて土を耕しました。土が柔らかくなってしまっては、いけないのですが、仕方がありません。上に載る小屋は軽いので、それほど気にしなくても大丈夫かなと思います。
小屋の建築

最終更新日: 2020-03-17 07:40:36

ともさんのHP >ものつくり >小屋作り >畑小屋の設計と製作

広告
新着ページ

AnimationTimerとTimelineの違い  
アカウキクサ  
ソラマメの栽培方法  
Javaで動画ファイルの保存  
麗しの書斎生活  
電子部品棚を処分する  
蜂舎のこと  
モクレンの栽培、手入れ、増やしかた  
袴の作り方  
ブドウ棚を組み立てました  
任形状の平面ポリゴンの作成方法  

他のサイト

3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます