ともさんのHP >ものつくり >温室の研究 >半地下式温室で最低気温の降下を抑える実験

半地下式温室で最低気温の降下を抑える実験


前のページ

なにも管理していなければ、昼は温度が上がりすぎ、夜は下がりすぎてしまう温室。
前ページの実験では、最高気温を抑制できました。では、今度は最低気温の低下を抑える実験をしてみましょう。
前々ページでは地面からの熱が、夜間の温室楽天 内の気温を維持していると考えました。今回は、地熱を さらに効率的に取り込めるよう、半地下式の温室を考えてみることにします。

半地下温室で気温降下を抑える原理

原理は下のようになります。
半地下温室の原理

昼間:気温が上がると、熱は気温抑制装置や地面に吸収され、ハウス内の気温はそれほど上がらない。

広告

半地下温室の熱移動

夜間:夜間は暖かい地面からじわじわと熱が出てきて、ハウス内の気温はあまり下がらない。


半地下温室で気温降下を抑える実験

さっそく半地下式のホットキャップを作り、気温を計測してみました。
写真奥は比較用、手前が半地下式のホットキャップです。
シートの下に穴を掘り、水を入れた容器も置いてあります。
半地下温室の模型 半地下温室の内部


測定結果は下図のとおり。
半地下温室の気温計測結果


最低気温がかなり高い状態で維持され、ほぼ満足のゆく結果になりました。
この性能で実際の温室のサイズにまでスケールアップできれば、 温度管理不要なメンテナンスフリー温室ができそうですね。


能動的に地熱を利用する温室

実験はしませんでしたが、能動的に地熱を利用する温室も考えました。
縦に長い水槽を温室内に地下深く埋め、水を循環させるというもの。
昼間は温室の熱を地下に運んで室内の気温上昇を抑え、夜間は地熱を温室内に運んで気温降下 を抑える原理です。

広告


実際に雛形を作ってみましたが...結果は知れているので実験はしませんでした。


次のページ

最終更新日: 2011-06-06 22:31:15

ともさんのHP >ものつくり >温室の研究 >半地下式温室で最低気温の降下を抑える実験

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

チューリップハットの作りかた  
自作温室の設計  
JAVAでメール送信  
洋裁CAD使いかた動画  
必要な肥料の量と種類  
綿繰り機の原理  
草花の育てかた  
画像を「拡大縮小回転反転文字の記入」して保存するクラス  
吉田式巣箱3Dモデル  
自動水やり装置の修理  
メンズ原型  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます