ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >日本ミツバチ巣箱の種類

いろいろな日本ミツバチ巣箱

日本ミツバチ用の巣箱にはたくさんの種類があります。私の持っている巣箱楽天 を紹介します。

広告

 日本ミツバチ楽天 の蜂場では、巣箱の博覧会状態。真ん中にあるハチの群れが分封するのを捕らえてすぐに別の巣箱に移すためです。

 これは私の巣箱。いわゆる「重箱式」という日本ミツバチ用の昔からあるタイプのもの。 蜂蜜を採るときは一番上の箱を外してハチミツの入った巣を取り出します。 とり終えたら一番下に入れて使うようになっています。まだ使ったことないけど。

 以前、新聞にこの巣箱の設計図が載っていたことがあり、それを忠実に再現しています。

 こちらは上に重箱式、下は西洋ミツバチ用の巣箱。 重箱式の巣箱はdaiiさん作のもので、ちょっとサイズが違う。先日分封群をこの中に入れたが、居心地が悪いのか、逃げてしまいました。

 下の箱は幅の狭い小型のもので、去年西洋ミツバチを購入したときにハチごと送られてきたもの。西洋ミツバチ用の巣箱はよく出来ていて、輸送も簡単に出来るのだが、日本ミツバチの飼育には向かないらしい。

 真ん中においてあるのが、日本ミツバチの現在住んでいる巣箱。西洋ミツバチの巣箱は適していないのだが...この群れはこの巣箱にもう3年も暮らしている。

 その隣には真ん中とおんなじ形の空巣箱が二つ。去年までは西洋ミツバチが暮らしていたのですが、全滅してしまいました。

 一番はしにあるのが桐の木を切り抜いて作った巣箱。近所のSさんが自宅の桐を切り倒して作ったもの。

 この中には分封群が住み着いている。花粉を運び込む働き蜂もいるので、定着しているようだ。でも、穴がちょっと少なかったかな?出るハチと入るハチがよくハチ合わせしています。

 秀逸なのはこの巣箱。最近矢掛町の養蜂をされている方から参考にいただいたもの。日本ミツバチ用の重箱式巣箱だ。

 取っ手がついているのは、吊り下げて飼うため。こうすると邪魔な虫などが入ってこないそうだ。

 板は27cmのものを使うのが「矢掛標準」なのだそうだ。サイズを統一することでハチのやり取りがスムーズに出来るとのこと。

広告

 驚きはこの底板。スライドして外すことが出来る。定期的にはずして巣くずを捨て、巣の様子を覗き込むのだそうだ。その人曰く「日本ミツバチは掃除が肝心」なのだそうだ。確かにそうですね。

 出入り口の金網はスズメバチ防護用だけど、別になくてもかまわないのだそうです。

最終更新日: 2013-03-01 05:44:33

ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >日本ミツバチ巣箱の種類

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
気象観測装置を作りました  
五右衛門風呂の修復  
子ウインドウを開く  
キキョウの栽培、手入れ、増やしかた  
ツリービューにポップアップメニューを追加  
JavaFXでPopupMenu  
竹を曲げる方法  
井戸保護カバーの自作  
ルピナスの栽培、手入れ、増やしかた  
アメリカンホック  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます