ともさんのHP >ものつくり >温室の研究 >温室の気温を計測する実験

温室の気温を計測する実験

前のページ

では実際の温室の気温はどうなっているのでしょうか?
マイコンを使って温度計測装置を自作し、気温を測ってみることにしました。
センサーが2つ付いているので同時に2ヶ所の気温を1週間測れます。
自作の気温データロガー


温室の室温を実測

ホットキャップの気温を測る

温室楽天 は持っていないので、まずは簡単にホットキャップの実測から。
ホットキャップは夏野菜の苗などの生育初期にかぶせて保温し、成長を助けるものです。
笹で支柱を組み、農ポリをかぶせたものを2つ作りました。1つは穴を明けて通気できるようにしました。
外気温は以前から使っている気象観測装置を使用します。
試験用のホットキャップ 気象観測百葉箱

広告


1週間後、結果は下のとおり。(観測期間2002/2/17〜23)
ホットキャップの気温計測結果

ホットキャップの穴の有無にかかわらず、結果がほぼ同じなのが意外ですね。
穴は昼間に温度が上がりすぎるのを防ぐためのものなのですが...あまり効いていません。
最高気温は焼く35度と、昼間は真夏並みになります。実際、中にあった雑草は1週間でかなり大きく 成長しました。
最低気温は、外気並みに下がると考えていたのですが、これも意外なことに、わずかに上になっています。 これは多分、上昇してきた地熱をホットキャップが逃がさないためなのだと思います。

夜間の温室の温度は地熱で維持できる

過去に計測した気温と地下40cmの地温のグラフを見てみましょう。
気温にかかわらず、地温はほぼ一定です。ですので、気温の下がる夜は地面の方が暖かく、 ホットキャップの中を暖めたと考えてよいと思います。
気温と地温のグラフ

気温の低くなる夜間、太陽からではなく、地面から熱を温室内に取り込めるようにすれば、 温室の最低気温を高く維持できそうですね。


温室の気温上昇を抑える実験

今度は温室の室温が上がりすぎるのを防ぐ実験をしてみました。
先の実験で用いたホットキャップを、片方大きくし、中に水を入れた容器(気温抑制装置) をたくさん入れて気温を計測しました。右側は比較用のホットキャップです。
温室の気温抑制実験 温室の内部

広告

この原理は簡単です。
温室(ホットキャップ)内の気温が上がれば、 冷たい水の入った気温抑制装置に熱が伝わり、気温の上昇が妨げられます。
気温が下がれば暖かい水の入った気温抑制装置から熱が染み出して、急激な気温の下降が和らげられます。
温室の過熱防止原理1 温室の過熱防止原理2

計測結果は下のとおり。
見事に最高温度が抑えられました。比較データよりも上がり下がりが遅れているのは、 気温抑制装置が働いている結果だと思われます。
温室の温度制御

次のページ

最終更新日: 2011-06-03 06:58:13

ともさんのHP >ものつくり >温室の研究 >温室の気温を計測する実験

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

チューリップハットの作りかた  
自作温室の設計  
JAVAでメール送信  
洋裁CAD使いかた動画  
必要な肥料の量と種類  
綿繰り機の原理  
草花の育てかた  
画像を「拡大縮小回転反転文字の記入」して保存するクラス  
吉田式巣箱3Dモデル  
自動水やり装置の修理  
メンズ原型  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます