ともさんのHP >ものつくり >温室の研究 >自作温室の設計

自作温室の設計

温室を自作したくて、理想(に近い)の温室楽天 を設計しました。
以前書いた検討のページ、1 2 3 内容をふまえて、どのようにしたらよいか考えました。

広告

自作温室の希望する性能

日常的な管理をほとんど必要とせず、自律的に室内温度が調整される。
日々の管理をしなくても、概ねうまく機能して、中の植物が枯れることはない。
電気等のエネルギーを必要としない
センサーをつけて、自動的に換気扇を回したり、ヒーターを入れたりという複雑なシステムを使わない。
概ね自律的に機能するが、低温が続く荒天時には管理するのは仕方がない。
簡単に言えば、単純で放置していても中の植物が枯れない温室を作りたい。

熱井戸のある温室

設計楽天 案1
普通の温室に熱井戸を設置する方法を考えました。能動的に温室と地下の熱を交換し、 温室の気温を安定させる方式です。
温室の中には水を満たした円筒、「熱井戸」を並べ、これで熱を交換します。
昼間は井戸内の水を循環させ、温室の熱を地下に逃がします。
夜は循環させなくても、自然に対流して温室内が温まります。循環のための電源は太陽電池で まかなえば、自動的に昼だけ動いてくれます。
自作温室のデザイン 熱井戸

この案は個人で作るには規模が大きすぎますね。

半地下式温室

普通に半地下式の温室を作るのが、個人で作るのにはもっとも適していそうです。
下の写真がその候補地。
北側と西側が高さ1mくらいの崖になっている畑です。
足りない分はちょっと盛り土すれば良いので、手ごろな高さだと思います。

広告

温室候補地

多分、半地下式なだけでは、気温変動を十分に抑えられないと思います。 足りない分は水甕を入れたり、普通のホースを地下20cmくらいのところに 這わせて水を循環させてみようかなと思っています。
温室作りに実際に着手するのは、まだずーっと先の予定。仕事をリタイヤしてから作る予定です。
温室の中にはランを置いたり、苗を育てたり、椅子を持ち込んで日向ぼっこしたりして 楽しもうと思っています。

最終更新日: 2017-01-18 09:53:03

ともさんのHP >ものつくり >温室の研究 >自作温室の設計

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

チューリップハットの作りかた  
JAVAでメール送信  
洋裁CAD使いかた動画  
必要な肥料の量と種類  
綿繰り機の原理  
草花の育てかた  
画像を「拡大縮小回転反転文字の記入」して保存するクラス  
吉田式巣箱3Dモデル  
自動水やり装置の修理  
メンズ原型  
薄明  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます