ともさんのHP >ものつくり >自分でリフォーム >井戸ポンプを長持ちさせる使いかた

井戸ポンプを長持ちさせる使いかた

長年使い続けた井戸ポンプがついに壊れました。
ポンプ自体はまだ動くのですが、井戸水をくみ上げる配管のポンプへの接続部分が腐食して水漏れをし始めてしまったのです。
ぽたぽたと少しづつ出ているだけなのでまだ少し使えるかもしれませんが、 木製の井戸蓋が濡れて腐り始めてしまったので、交換を決意しました。
壊れた井戸ポンプ


井戸ポンプは40年近く使える

調べてみると、驚いたことに、壊れたポンプは40年近くも動いていました。
配管が腐食しなければまだ動いたでしょうから、機械としては本当に長持ちすると思います。
ただ、使っているうちに気付かないうちにポンプの作動音が大きくなっていたかもしれません。
新しいポンプはとても作動音が静かです。

井戸ポンプを長持ちさせるには

長持ちしたポンプですが、さらに長持ちさせるコツがあるそうです。
井戸ポンプ 楽天 は冷たい水をくみ上げるので、特に夏は常に結露しています。今回腐食した部分も夏は常に結露していて、 そのために腐食し、一番最初に水漏れを始めたのでしょう。
電気屋さんのいわれるには、結露しないようにポンプを密閉してしまうのがいいそうです。たくさんの水分を 含んだ外気にさらされなければ、結露はしません。
そういいながら、電気屋さんはポンプカバーを作ってくれました。
といってもポンプの入っていた袋とダンボール箱を切って作っただけのものです。
さて、買い換えたポンプはあと何年働いてくれるでしょうか?
左、故障したポンプ 右、取り替えたポンプ
故障した井戸ポンプ 新しい井戸ポンプ


購入したポンプの入っていた袋を被せ、その上からポンプのダンボール箱を被せて 空気を遮断し、結露を防ぎます。配管には断熱材を巻いてもらいました。
これも結露防止が目的。
浅井戸用ポンプのメンテナンス 浅井戸用ポンプ

最終更新日: 2011-08-30 20:37:30

ともさんのHP >ものつくり >自分でリフォーム >井戸ポンプを長持ちさせる使いかた

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

グラジオラスの栽培、手入れ、増やしかた  
カタクリの栽培、手入れ、増やしかた  
ズボンの持ち出しの作りかた  
オオイヌノフグリ  
ものつくり  
アロエの株分け  
屋根から作り始めて最後に基礎を作る建物  
メッシュアニメーション  
JavaFX アニメーション  
バードフィーダーの自作  
平坦なTriangleMesh作成Class  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます