ともさんのHP >趣味養蜂 >みつばちの飼い方 >ペットボトルを利用したスズメバチホイホイ

ペットボトルを利用したスズメバチホイホイ

ミツバチの大敵、オオスズメバチを捕獲するための自作器具の紹介です。 ペットボトルを使った捕獲器と、ねずみ捕獲用の粘着シートを使った捕獲器があり、 どちらも「スズメバチホイホイ」と呼ばれることが多いようです。

広告

ペットボトルを利用したオオスズメバチ捕獲器

2リットルのペットボトルに入り口を開け、誘引する液体を入れて木などに吊るして使います。
ペットボトルの捕獲器は、春に仕掛けて女王蜂をとらえる目的で、 粘着シートの捕獲器は秋に巣箱を攻撃してくる働き蜂をとらえる目的で使う場合が多いです。

ペットボトル使用スズメバチホイホイの構造

下の絵のように、ペットボトル側面に入り口をつけ、飲み口を紐で縛って吊るします。
飲み口を入り口にしないのは、雨水が入るためとスズメバチが入りにくいためです。
底に入れた液体は誘引剤の役割と同時に溺れさせる役割があります。
入り口の位置、形状は入ったスズメバチが出られないように考えます。とりあえずは 製作して様子を観察しながら変更すると良いと思います。
写真は実際に設置している様子です。
スズメバチホイホイの図 スズメバチホイホイの写真


捕獲器を使った駆除の方法

スズメバチホイホイを設置したら、時々見回って点検します。
誘引液は時間がたつと効果が減ってきます。捕獲したスズメバチが液面に溜まると、新たきた蜂の足場になってしまい、 以降のスズメバチの捕獲が出来なくなる上に、「餌やり」の逆効果になってしまいます。
スズメバチが溜まったら、中身を捨て、新しい誘引液を入れましょう。

捕獲器の設置時期

春、5月頃に設置します。
オオスズメバチは女王蜂1匹で越冬して、この頃活動を始めます。 最初は働き蜂がいないので、女王蜂自身が餌集めをしています。
この女王を捕まえてしまえば、1つの群れを壊滅させることになります。
蜂が増殖してから働き蜂を際限なく捕らえるより、こちらのほうがはるかに効率的です。

誘引液の作りかた

いろいろなもので効果があるようですが、基本的には発酵臭のするものが使われています。
私が使ってもっとも効果的だったのは、「カルピスグレープ」を使用したもの。
カルピスグレープを使うのは、確か本に書いてあったのですが...詳細は忘れました。
カルピスグレープに倍量くらいの水を加え、砂糖とドライイースト少量を入れて使います。砂糖の量は かなり適当でOK。
カルピスグレープに効果があるのは、果実の発酵臭を好むからなのではないかと思っています。
他に日本酒や焼酎を使う人もおられます。

ペットボトル使用スズメバチホイホイの効果

広告

結論から言うと、この捕獲器を設置しても、オオスズメバチを絶滅させることは出来ません。
たくさん捕まえても、秋になるとミツバチを襲いにオオスズメバチがどこからかやってきます。
多分、オオスズメバチの女王は、自然界にたくさんいて、少しくらい殺しても代わりがいくらでもいるのでしょう。
捕殺すれば空いたエリアに新たな蜂が入ってくるのではないでしょうか。
秋になると巨大になったオオスズメバチの群れがミツバチを襲うようになりますが、
春にたった1群でも捕まえそびれていればそれでアウトです。

最近はもうこの捕獲器は使わなくなってしまいました。 近所で日本ミツバチを飼育している人も止めたようです。
効果はあるにはあると思うのですが、目に見える効果は得られないのが現実です。 スズメバチの少ない場所であれば効果的かもしれません。

スズメバチ焼酎漬けの効能

時折大スズメバチを焼酎に漬け込んだものが売られているのを目にします。
精力がつくとか、滋養強壮に効果がありそうな気がしますが...個人的にはこれ、効果あるとは思えません。 そもそもスズメバチの焼酎漬けは、養蜂業者が害虫として駆除したスズメバチを「なんとかして商品に出来ないかな」と考えたのが始まりで、「スズメバチは体にいいから」が始まりではないのです。

最終更新日: 2017-11-23 06:23:34

ともさんのHP >趣味養蜂 >みつばちの飼い方 >ペットボトルを利用したスズメバチホイホイ

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

みつばち日記  
初心者用巣箱その1  
アプリ終了時にダイアログを表示  
書類の整理方法  
人用の型紙をドール用に変換  
スイートピーの栽培、手入れ、増やしかた  
JavaFX/Swing 同時キー押し  
防災士資格取得試験  
吉田式巣箱  
3D-CADでカバンの型紙  
伐木のしかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます