ともさんのHP >ものつくり >自動車 >T型フォード

T型フォードの成功と凋落

T型フォードは1909年より1927年まで1500万台も生産された、最初の量産自動車である。

名前の由来

フォードは量産を始める前に試作車を作成した。 最初の試作車をA型と名付け、次をB型とした。初期の試作車はいづれも満足できるものではなく、T型試作車をもって初めて満足し、これを生産することにした。

T型フォード成功の理由

ヨーロッパでは馬車や汽車という既得権益があり、自動車の参入が拒まれた。
アメリカには潜在的な需要があった。
ほかの産業で流れ作業など、大量生産に必要な下地が出来上がっていた。
流れ作業、専用工具、専用機械を使用し、組立時間を短縮作業員にそれぞれ単純な仕事を割り当て、熟練工を不要にした。

T型フォード凋落の理由

買い替え需要に答えられなかった。長期間同じものを作り続けた。
最低限の装備しかなく、高級志向に乗れなかった。買い替えで他社の価格の高い車を選ぶふとが増えた。

最終更新日: 2013-11-08 20:38:15

ともさんのHP >ものつくり >自動車 >T型フォード

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

スリットカメラアプリケーション  
ゴアテックス生地の入手方法  
洗濯物干しハンガーの自作  
3次元CADで帽子の型紙  
【Java】画像の座標変換のためのクラス  
USBカメラをJAVAで制御して定点観測  
ミソハギの育てかた  
3次元CADでぬいぐるみ  
JavaFXのMeshViewに衝突判定を付加  
ニセアカシアの伐採  
小動物の飼いかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます