ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・道具 >洋裁用作業台

洋裁用作業台を設計してみた

服を作るときに、布地を裁断したり、アイロンがけをするための台を設計してみました。
大きくて置き場所がないので、今のところ構想だけ。

広告

洋裁作業台の仕様

服を作るときに、型紙を 布地 楽天 に当てて線を引き、ロータリーカッターを使って裁断します。
この時に使う作業台です。今は製図台を流用しているのですが、幅がちょっと足りない。
シャツとパンツはぎりぎりで足りるのですが、コートなど丈の長いものは、いったん半分だけ作業して、 ゆがまないようにずらして、また作業を続けるといった非効率なことをしています。できれば型紙楽天 より大きな 作業台がほしいですね。
私の場合、最大145pの幅の型紙があるので、作業台は150pの幅が必要。奥行きは60p位あれば大丈夫。
ロータリーカッター楽天 を押し付けるので、下はマットが必要です。
カット以外にも、記生地のアイロンがけがちょっと大変。現状は市販の普通のアイロン台でアイロンがけをしているので 気を付けないと生地がゆがんでしまったりします。
もう一つ、型紙の収納場所に困っています。台の下に格納できるスペースをつけることにします。
生地の置き場もほしいので、台の下に詰め込むことにしましょう。

洋裁作業台の形

洋裁作業台

3D-CADで作ったらこんな形になりました。 一番上はアイロンがけ用の板です。綿を貼り付けて、弾力を持たせてあります。
その下はカット板。アイロン板を外して使用します。
その下には型紙入れ。板を持ち上げるより、引き出し式にしたほうが使い勝手はよさそうですね。
その下には布地を入れる棚が続きます。
こんな台があれば、洋裁作業はすごくはかどって楽しくなりそう。趣味にも良い道具が必要だと思います。

最終更新日: 2017-08-04 07:52:58

ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・道具 >洋裁用作業台

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ヒバカリの飼育  
男性用ズボンを作りました  
竹の伐採時期と油抜きの方法  
スイートピーの栽培、手入れ、増やしかた  
金太郎飴工法による小屋の建て方  
炭焼き窯作りました  
薪ストーブ  
ツバキの栽培、手入れ、増やしかた  
柿の剪定道具  
新旧文化式とドレメ式原型製図を比較  
玉縁ボタンホールの縫い方  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます