ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >肩掛けカバンの作りかた

和布を使った肩掛けカバンの作りかた

会津木綿の反物12mを使って服と帽子を作ったのですが、さらに布が余っているので肩掛け鞄を作りました。

広告

カバンの型紙

型紙というより図面なのですが、下の図を書いてから、布を切りました。反物の所要寸法は2.05mになります。
カバンの型紙

左から順に、表の布、裏布、肩掛けベルト、側面の布、になります。図にはありませんが、余った布でフタになるチャックもつけました。

カバンの作りかた手順

まずは、反物に接着芯を貼ります。鞄なので厚めの 接着芯 楽天 が良いのですが、手元にある普通のものを貼り付けました。
接着芯の貼り付け

これを裁断して、図面楽天 通りの大きさの布を4枚切り出し、端ミシンを掛けます。
カバンの部品布 カバンの材料布

まずは肩掛けベルトになる布を折ってミシン楽天 掛け。これでベルト部の出来上がり。
カバンのベルト作り

表布に側面布を合わせ、クリップで留めます。角の部分は、側面布楽天 に切り込みを入れ、下の図のようにして角を合わせてあげます。
カバンの布合わせ 鞄の角の処理

ミシン掛けして接合しました。上のクリップ仮止め写真は、裏表を間違っていました。下の写真の組み合わせが正解です。
布の接合

同じ要領で裏布を接合します。鞄らしくなりましたね。
裏布の接合 裏返し

広告

入口部分と蓋部分を折り返して仕上げます。
カバンの入口部分を折り返す カバンのふた部分を折り返す

これにベルトを付けたら完成です。
一緒に作ったハンチングと一緒に記念撮影。
完成間近の鞄 完成した和布鞄

カバンにチャックを付ける

このままでもよいのですが、せっかくなら中身が落ちにくいようにとチャックを追加することにしました。
チャック付きの蓋

あまりの布でこんな感じをふたを作り、
カバンに縫い付けました。長辺はミシン掛け。短編はミシンが入れないので手縫いで縫い付けました。
チャックの追加 蓋を追加した鞄

これで本当に完成です。

カバン作りに必要な時間

今回も作業時間を記録しながら作りました。
チャックを除く部分の製作に、130分。約2時間ですね。 チャック部の製作に50分。合計で180分、ちょうど3時間かかりました。
但し、図面作りはこの時間の中に入っていません。

最終更新日: 2017-09-11 05:14:50

ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >肩掛けカバンの作りかた

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ヒバカリの飼育  
男性用ズボンを作りました  
竹の伐採時期と油抜きの方法  
スイートピーの栽培、手入れ、増やしかた  
金太郎飴工法による小屋の建て方  
炭焼き窯作りました  
薪ストーブ  
ツバキの栽培、手入れ、増やしかた  
柿の剪定道具  
新旧文化式とドレメ式原型製図を比較  
玉縁ボタンホールの縫い方  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます