ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園のソバ >春ソバの栽培

春ソバを育ててみました

暖地での春ソバの栽培方法です。
最初に書いておきますが、暖かい土地で春ソバを栽培してもうまくゆきません。
もしかしたら、品種によっては可能かもしれませんが、収穫は期待しない方が良いでしょう。
秋そばを栽培すると、翌年春に、こぼれ種からたくさんのソバが芽を出して、大きく育ちます。
今年は試しに春にソバの種をまいて育ててみることにしました。
緑肥や、観賞用に利用できるかなと思ったためです。
種は毎年秋に自家採種しているものです。

春ソバの輪作と種まき時期

2013年3月14日、収穫の済んだ大根の後に種まき。
緑肥としてソバを輪作に取り入れるなら、ダイコンや白菜などのあとの空いた畑に蒔くとよいと思います。
春ソバの播種

広告

3月30日、まだ芽が出ていません。
ソバの生育状況

4月14日、発芽しましたが、霜で枯れてしまいました。
ソバの霜害 ソバの霜害

春の蕎麦の種まきは、霜の降りなくなる頃がよさそうですね。 私の家(瀬戸内地方です)であれば、4月の第1週か、中旬くらいでよさそうです。
この写真を撮影した後、種まきをし直しました。

1か月後の5月12日、生えそろっています。周りに生えてきた雑草を抜いておきました。
春ソバの生育

5月25日、もう花が咲き始めています。隣の畝はカブを栽培していましたが、開花後引き抜いて、落花生を植えました。
春ソバの開花

6月1日、成長しました。
蕎麦の成長期

広告

春ソバの開花

6月9日、この頃が花盛り。アリが蜜をとりに来ています。
満開の蕎麦 そばの花

6月16日、花も終了。実の方は、やっぱりついていません。
春栽培の蕎麦 実のつかない春ソバ

春ソバの利用方法

育ててみて感じたのですが、冬野菜の後作の予定が埋められず、空けてしまう畑があれば、 蕎麦を緑肥として栽培すればよさそうです。
春ソバは雑草なみに手間がかからないし、種もできないので緑肥としてピッタリです。
生育中に刈り取って、後作に大豆を入れるとよいかなと思っています。

最終更新日: 2013-07-01 20:02:46

ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園のソバ >春ソバの栽培

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

fxmlファイルの利用  
雑草でグリーンカーテン  
ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
気象観測装置を作りました  
五右衛門風呂の修復  
子ウインドウを開く  
キキョウの栽培、手入れ、増やしかた  
ツリービューにポップアップメニューを追加  
JavaFXでPopupMenu  
竹を曲げる方法  
井戸保護カバーの自作  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます