ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >シンビジュームの夏越し

シンビジューム夏越しのしかた

シンビジューム夏越しのしかた

シンビジュームはランの中でも栽培しやすい種類です。
夏の間、適正に管理して来年の春に花を咲かせましょう。

夏は木陰において毎日水やり

本を読むと、寒冷沙のもとで夏は育てるとありますが、私の場合は柿の木の木陰で夏の間育てています。
春は庭先の日当たりのよい暖かい場所においていますが、5月のうちに木陰に移動させます。
6月になると日差しが強くなり、葉が焼けてしまいます。
夏の間木陰で管理するのは、この葉やけを防ぐためです。

広告

木陰に置いたラン 木陰を見上げる

夏の間は毎日水やり

毎日水をたっぷりあげています。鉢底には皿を置かず、あげた水がたまらないようにしておきます。
毎週末は液肥を混ぜて与えます。置き肥も時々追加します。
これで来年も開花します。

最終更新日: 2013-06-12 05:36:06

ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >シンビジュームの夏越し

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ヒバカリの飼育  
男性用ズボンを作りました  
竹の伐採時期と油抜きの方法  
スイートピーの栽培、手入れ、増やしかた  
金太郎飴工法による小屋の建て方  
炭焼き窯作りました  
薪ストーブ  
ツバキの栽培、手入れ、増やしかた  
柿の剪定道具  
新旧文化式とドレメ式原型製図を比較  
玉縁ボタンホールの縫い方  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます