ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >苗の徒長を防ぐ

苗の徒長対策

野菜を種から育てるとき、特に夏野菜を加温して種から育てるときは、苗が徒長しやすくて困ります。
下の写真は育苗箱で育てて見事に徒長したキュウリ。

広告

育苗箱 徒長したキュウリ

こうなってしまうと軟弱な苗になり、その後うまく育ってくれません。丈夫な苗を育てるにはどうしたらよいか、 考えてみました。

徒長の原因

大きく分けて4つの原因があるそうです。
 ○日光不足
 ○肥料が多すぎる
 ○多湿
 ○刺激不足

写真のキュウリは多湿が原因です。
まだ寒いころに育苗箱の中で育てると、密閉した箱内で湿度が上がりすぎ、徒長してしまうのです。
私の所有しているこの小さな育苗箱では、湿度管理が難しいです。

日光不足も典型的な徒長を招きます。
もやしがそのよい例ですね。種は暗い土の中で発芽しますが、日に当たらなければ 育つことはできません。そこで、暗い土の中から抜け出すために、栄養の続く限り伸びてしまうのです。
伸びるために種に入っていた栄養を使いますから、徒長することは苗の体力を擦り減らすことになります。

肥料のやりすぎはわかるとして、刺激不足は意外ですね。
風のない環境で育てると、徒長しやすくなるそうです。緩い環境では植物も怠けてしまうのでしょう。
バイオスフィアという地球環境を模した施設で育った樹木は、風のない環境で育ったので、簡単に折れてしまうように なってしまったそうです。

徒長を予防する方法

原因がわかれば防止するのは簡単ですね。
 ○日光を十分に与える
 ○肥料は適度に
 ○過湿を防ぐ
 ○時々苗を触ってあげる

とはいっても実行はなかなか大変。特に過湿を防ぐのは早春の夏野菜育苗では(私には)難しそうです。
去年までは夏野菜を種から育てて失敗続きだったのですが、今年からはキッパリあきらめ、苗を購入することにします。
過湿にならないアイデアを思いついたら、また挑戦してみようと思います。

最終更新日: 2013-03-26 05:15:26

ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >苗の徒長を防ぐ

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
気象観測装置を作りました  
五右衛門風呂の修復  
子ウインドウを開く  
キキョウの栽培、手入れ、増やしかた  
ツリービューにポップアップメニューを追加  
JavaFXでPopupMenu  
竹を曲げる方法  
井戸保護カバーの自作  
ルピナスの栽培、手入れ、増やしかた  
アメリカンホック  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます