ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >ゴマの栽培

(家庭菜園)ゴマの栽培

家庭菜園でゴマを育ててみました。初めて栽培したのですが、最初の苗作りを除いては手間もかからず、 たくさん収穫出来たので、栽培の手順をまとめてみました。

ゴマ栽培作業一覧表

下の表が実際の作業と日付の一覧です。前作はソラマメです。ちょうどソラマメの収穫後くらいにゴマ楽天 を定植するので、ソラマメ→ゴマ のローテーションがよい相性だと思います。
ちなみにゴマの後作は...よいものが見つからなかったので、落ち葉や雑草を敷き詰めて畑を「休養」させています。
私の住んでいるところは、岡山県南部。瀬戸内です。比較的温暖な気候の地域です。

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
20123種まき
16種まき
24定植
15草取り
22追肥
29開花
5開花
 7収穫
14収穫
28乾燥
31脱穀

広告

写真で見るゴマの栽培手順

それでは、各作業を順に詳しく見てゆきましょう。写真つきです。

ゴマの種まき

6月初旬にトレイに種まきをしました。2週間後、畑に直播もしてみます。
ゴマのトレイ種まき ゴマの直播

ゴマの定植

トレイで育てた苗を定植。直播したものの発芽が揃わなかったので、苗の欠けた位置に定植しました。
苗の生育中は梅雨。木陰にトレイをおいていたのですが、木からの大粒の雨だれが小さな苗を直撃し、かなりダメージを 受けていました。
週末しか世話が出来ないので、こうした小さな苗を育てるのは結構難しいです。来年はトレイを寒冷紗で包んで育ててみようと思っています。
ゴマの苗 ゴマの発芽

雑草の草取り作業

7月中旬、生えてきた雑草を取り除きます。梅雨で雨の多い期間は雑草がものすごい勢いで生えてきます。
ゴマに限らず、我が家では取った雑草は畝間に敷き詰めることにしています。雑草がマルチになって、新たな雑草が生えにくくなります。
敷き草はやがて分解されて自然に堆肥になってくれます。そうなったらまた新たに雑草を被せるの繰り返し。
雑草には種が付いているので、畑に入れたら発芽してしまいますが、雑草を常に被せておき表面に日が当たらないようにしておけば問題ありません。
下の写真では、去年マルチにしたソバからのこぼれ種が育っています。これを引っこ抜いて畝間に敷き、さらに畦を刈った草をのせています。
畑の雑草駆除 畝に雑草

真夏のゴマの驚異的に成長する

ゴマの原産地は暑くて乾燥したところなのだそうです。梅雨が明けると、ほんの小さな苗だったゴマはものすごい勢いで成長を始めました。
7月下旬からお盆にかけての生育は目を見張るものがありました。
ゴマの成長 2012年7月22日撮影


胡麻の生育 2012年7月29日撮影


胡麻の夏 2012年8月5日撮影


日照り胡麻 2012年8月16日撮影


ゴマの花と実

梅雨が明け後、花が咲き始めました。下から順に咲き始め、先端の最後の花が咲き終わるのは8月の終わり頃でした。
ゴマの花 2012年7月29日 1番花が開花


ゴマの花が終わる 2012年8月26日 最後の花が開花


ゴマの花 2013年7月28日 上の写真がピンボケだったので翌年の画像を追加。


花が終わると鞘ができ、中にゴマの実ができます。これが成熟して裂けると、中からゴマの実が現れます。
ゴマの結実

ゴマの収穫のしかた

10月中旬になって、葉が落ち、一部の鞘が裂け始めたら穂を刈り取って収穫します。
刈り取った穂は束ねて軒下に立てかけておき、全ての鞘が裂けるまで乾燥させておきます。
ゴマの収穫 ゴマの乾燥

収穫の済んだ畝は、とりあえずは次の作物がないので大量の雑草の刈り草を被せて養生おきました。
この畝はジャガイモ→ソラマメ→ゴマと連続して作物を作ったので、しばらく休ませようと思います(翌年後作にカボチャを作りました)。
畑の養生


ゴマの脱穀方法

収穫後、乾燥させること2週間。全ての鞘が乾燥して裂けてきたので、脱穀楽天 をします。
ゴマの脱穀 ゴマの乾燥した鞘

脱穀といっ

最終更新日: 2016-09-28 17:19:12

ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >ゴマの栽培

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

チューリップハットの作りかた  
自作温室の設計  
JAVAでメール送信  
洋裁CAD使いかた動画  
必要な肥料の量と種類  
綿繰り機の原理  
草花の育てかた  
画像を「拡大縮小回転反転文字の記入」して保存するクラス  
吉田式巣箱3Dモデル  
自動水やり装置の修理  
メンズ原型  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます