ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >備中鍬の修繕

備中鍬の補修方法

ソラマメの種まき準備のために備中鍬を使って畑を耕していたら、 楽天 の柄の接合部がポッキリと折れてしまいました。前日の雨で土が重くなっていたためでしょう。

壊れた備中鍬

鍬の修理方法

種まきは今日のうちにする予定なので、さっそく修理することにしました。
鍬の構造は簡単で、鉄製の刃についている四角い穴に先端の四角い棒を押し込み、鉄製のクサビで棒を固定するだけ。
折れた部分を切り取り、クサビを入れる溝を切って修理しました。
鍬に使うクサビ 鍬の先端部分 鍬の先端部分拡大

広告

平鍬も修理しました

その後、平鍬も同じ個所で壊れたので修理しました。
壊れた平グワ 鍬の柄

こちらは接続部の構造が違うので、修理できないかなと思い、新しい柄を購入して付け替えました。
鍬を分解 鍬の柄の構造

こちらはボルトを外して取り換えるだけで交換できました。
古い鍬の柄は、断面が楕円で握りやすいのに対し、新しい柄は丸く、ザラザラしています。
鍬に関しては、昔のもののほうが品質が良いと感じます。今は重要な農機具でなくなったし、農業自体衰退しているので 仕方ないことなのでしょうか。
柄を交換した平クワ

交換して気が付いたのですが、上の構造の鍬も木部の修理で対応できることがわかりました。
下の図の要領で加工すればうまく修理できそうです。とりあえず古い柄を保管しておいて、次に補修するときに直してみたいと思っています。
鍬の修理


鍬の保管方法

備中鍬に限らず、鍬はこの結合部分がアキレス腱で、大体ここが割れたり、木が腐食してぐらぐらしてきたりします。
鍬を長持ちさせるには、使用後、よく土を落として、刃を上にして保存するとよいです。
刃を下にして地面に置くとすわりがよいのでついついその姿勢で保管してしまいますが、これはあまりよくありません。
鉄の歯や、柄の接合部分が地面に触れるので、早く腐食してしまいます。

広告

鍬の保管庫

我が家には、農機具楽天 の保管庫があって、上のほうに横棒が渡してあり、その棒へ鍬を引っ掛けて保管するようになっています。 こうすれば鍬が湿らず、長持ちしますね。

最終更新日: 2014-05-22 07:30:39

ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >備中鍬の修繕

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

須屋  
3Dシーンに2Dコントロールを表示  
井戸ポンプ  
ファイル選択ダイアログ  
UcanAccess導入覚書  
ともさんのHP  
タイムラプス撮影  
Raspberry Piを太陽電池に接続  
ラズパイ(Raspberry Pi)で電子工作  
茶室の平面図集  
ともさんの開発室  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます