ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >【家庭菜園】輪作プラン

【家庭菜園】我が家の輪作ローテーションプラン

最近まじめに家庭菜園をするようになって、判ってきた重要なことは、「土作り」。
それと、作物のローテーション。同じ畑に同じ作物を続けて作れば、連作障害が出ます。
今までは過去の作物の記録をつけてきましたが、計画も立てることにしました。

実績を踏まえて輪作プランを立てる

いろいろ考えてゆくうちに、我が家ではナス科の植物、特にジャガイモがキーになっていることがわかりました。
我が家は日本の温暖な地域にあるので、ジャガイモは春と秋に栽培できます。
トマトやナスなどもジャガイモと同じナス科。
ナス科の植物は1度栽培すればその畑では3年くらいは作らないほうが良いです。
したがって、毎年ナス科の作物を作るには、少なくとも畑を4区画に分ける必要があります。
ジャガイモはたくさん作るので、2区画で作りたいです。

広告

すると、我が家で毎年作るナス科の植物は、ジャガイモ春秋で4区画、夏野菜1区画。合計で5区画。
必要なく画数は、5×4=20区画となります。区画といっても1区画=1つの畝、たいした広さではありません。

家庭菜園、畑の輪作表

こうして作った(作成中)のが下の輪作計画プランです。
家庭菜園の輪作計画表

春と秋のジャガイモを1区画に減せば、12区画で済みますがその場合、作付けできるほかの作物のバリエーションも減ってしまいます。なので20区画としました。
自分用はこれで良いのですが、もう少し一般的なものはないかと探してみました。
出典はNHKテレビテキスト2014年2月号。
10坪畑用10区画
1 ナス科
2 ウリ科
3 マメ科
4 アブラナ科、アカザ科
5 サトイモ科、ヒルガオ科
6 ナス科
7 ウリ科
8 マメ科
9 キク科、マメ科
10イネ科、アオイ科、ショウガ科

一般的過ぎるけどこんな感じ。実際には1年に1作ではなく、夏野菜の後に冬野菜...となるから、この区割りだとかなりスカスカになってしまう気がする。
人によって作りたい作物の量もあるから、結局のところ畑の広さ、作りたいもの、連作制限期間を考慮して自分で輪作表を作る必要がありそうです。

輪作計画と実際の作付け

もちろん、これは計画なので、そのとおりにはゆきません。苗がうまく育たなかったり、うっかり他の場所に植えてしまったりは、よくあるものです。
計画より大事なのは、やはり実際の記録でしょうね。それから、やっぱり土作りが重要です。

広告

「うちは土作りをしっかりしているから、連作障害なんてないよ」と言っている人のブログも見かけますが、私は輪作もしっかりとしてゆこうと思っています。

野菜の連作制限期間

作物の種類によって、連作出来ない(作ると障害が出る)期間が大体決まっています。イネ科の作物のように連作障害のない作物もありますが、 一般的には下の表になります。この表は主に農協から配布された資料を元に書いています。

 連作障害なし  ダイコン、ニンジン、カブ、タマネギ、コマツナ、サツマイモ 
 1年間空ける  ホウレンソウ、シュンギク、ネギ、レタス、セロリ 
 2年間空ける  キュウリ、ハクサイ、キャベツ、イチゴ、ショウガ 
 3年間空ける  スイカ、メロン、マクワウリ、ソラマメ、サトイモ、インゲン 
 4,5年空ける  トマト、ナス、ピーマン、ゴボウ、ジャガイモ、エダマメ、エンドウ 

最終更新日: 2016-12-13 10:25:38

ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >【家庭菜園】輪作プラン

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

袴の作り方  
布団の切りかた  
チューリップハットの作りかた  
自作温室の設計  
JAVAでメール送信  
洋裁CAD使いかた動画  
必要な肥料の量と種類  
綿繰り機の原理  
草花の育てかた  
画像を「拡大縮小回転反転文字の記入」して保存するクラス  
吉田式巣箱3Dモデル  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます