ともさんのHP >ともさんのHP >ともさん日記 2 >ひょうたんの乾燥

ひょうたんを乾燥させる方法

自分で栽培した瓢箪を加工して利用するためには、中身を取り出し、乾燥させる必要があります。瓢箪の処理方法について紹介します。


水につけて中身を腐らせる方法

収穫した瓢箪は中身を取り出し、乾燥させてから加工して利用します。
一般的には、収穫した瓢箪の蔓部分に穴を明け、水につけて腐らせ、中身を取り出した後、乾燥させます。
穴はツルの付いていたところに直径10mmくらいのドリルで開けるとよいでしょう。暖かいうちに水に漬けるのがコツです。涼しくなると、いつまで待っても腐ってくれません。中身だけでなく、外側の表皮も腐って剥け、きれいな表面になります。
水につけている瓢箪

しかしこの方法、とても臭いのです。素手で作業すると手を洗ってもなかなか匂いが取れません。近所迷惑にもなりますので、気をつけて作業しましょう。捨てた中身も強烈な悪臭を放ちます。


自然乾燥する方法

収穫した瓢箪をそのまま軒下などにおいておくだけ。手間がかからず、匂いもありません。中身を取り出さない利用方法であれば、 これで良いかもしれません。

広告

さらに手抜きをするのなら、栽培していた棚でそのまま放置して乾燥させる方法もあります。
自然乾燥している瓢箪


酵素で中身を溶かす方法

ひょうたんごっこという商品を瓢箪の中にいれ、酵素で中身を溶かし出します。穴はあらかじめ明けておきます。これなら匂いはありません。
しかしこのひょうたんごっこ、高いのですよね。
瓢箪が少なければよいのですが、たくさん処理するにはお金がかかりすぎます。

私の場合は...もっぱら水で腐らせています。臭いですが、水はほぼタダですから。

最終更新日: 2012-10-24 05:46:13

ともさんのHP >ともさんのHP >ともさん日記 2 >ひょうたんの乾燥

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

種の保存方法  
キャスケット型紙の設計方法と型紙ダウンロード  
ブドウ棚を組み立てました  
シクラメンの栽培、手入れ、増やしかた  
重箱式巣箱の図面  
初心者の柿の剪定  
ゴマの栽培  
ハンチング型紙の作りかた  
除草剤の特性  
雑草を利用した家庭菜園用堆肥の作りかた  
長年放置された柿を元に戻す方法  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
MyYahoo!に追加

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます