ともさんのHP >田舎生活 >薪ストーブのこと >薪ストーブの掃除

薪ストーブの掃除

春になって、薪ストーブを使わなくなったので、掃除をすることにしました。
最初の年は業者の人に教えていただきましたが、今年は自分で掃除しました。


薪ストーブの灰を取り出す

薪ストーブ 楽天 を使う場合、燃えて残った灰は全部捨てずにおきます。灰が適度な断熱材となって、 着火しやすくなるためです。
しかし、暖かくなり、火を入れなくなったら、灰は必ず全て取り除きます。
そのままにしておくと、灰が水分を吸収し、ストーブが錆びてしまいます。
掃除前の薪ストーブ 掃除後の薪ストーブ 取り出した灰


ストーブの中、灰受けも含めて丁寧に灰をかき出します。
取れた灰は良質の肥料になります。

薪ストーブの2次燃焼室を掃除

天板を外して、2次燃焼室も掃除します。 薪ストーブの構造はちょっと複雑で、燃焼した空気は直接煙突へ行かず、二次燃焼室を迂回してから 煙突にゆきます。このとき新しくて熱い空気がはいり、完全燃焼するのだそうです。 薪ストーブの天板 燃焼室内部 掃除語の2次燃焼室 断熱マットを外した2次燃焼室


積もった灰を取り除きます。2次燃焼室の下面には断熱マットが敷いてあるので、これも丁寧に掃除します 。

煙突掃除

次に煙突掃除をします。その前に、煙突を解体しなければいけません。
まずは、煙突についている、断熱板を外します。
煙突の断熱板


この板は全ての煙突についているわけではありません。壁と煙突の間が少ないときにつけるものです。 ネジで留めてあるので簡単に外せます。

薪ストーブの煙突の構造

薪ストーブから伸びる煙突は、途中までが伸縮でき、短くして取り外せます。 煙突の上の方は、屋根で支えているので、外しても落ちてきません。
伸縮部分を取り外して掃除し、上の部分は下からブラシを押し込んで掃除します。
まずは伸縮部分を外しましょう。
ストーブとの結合部のパッキンを外し、固定しているネジも外します。
煙突パッキンを外す


上の結合部はバンドで留めているので、これも外します。
煙突の上部結合部分


固定を外したら、下から引っ張って煙突を縮めます。
伸縮するといっても、煤が溜まっているので、簡単には縮みません。
しばらく格闘してやっと短く出来ました。
煙突を引っ張る 縮んだ煙突 抜いた煙突


煙突下部の掃除

引っこ抜いた伸縮部は、外に出して、ブラシを入れ、溜まった煤をかき出します。 煙突にブラシを入れる 掃除前 掃除語


煙突上部の掃除

煙突の上部は、天井からぶら下がっている状態なので、下からブラシを入れて煤を取り出します。
煙突上部


柄を継ぎ足せるブラシを用い、煙突に穴の開いた袋を被せて先端までブラシを入れます。
煙突は途中で曲がっていますが、柄も柔らかいので、先端までブラシが届きます。
煙突掃除ブラシ 煙突掃除中


煙突から出た煤は、タールとか、有害物質が混じっているので、灰のように肥料にはせず、燃えないゴミに出します。
掃除が終わったら、元通りに組み立てて、掃除終了です。次の冬になるまでゆっくり休んでもらいましょう。
掃除が終わった薪ストーブ


掃除をすると、当然ですが灰や煤が落ちてあたりを汚します。
我が家の場合は土間に設置しているので汚れても平気なのですが、普通の居間に設置しているご家庭では、掃除はかなり大変なのではと思います。
薪ストーブの床



以下は去年(2011年)の記録

薪ストーブの煙突掃除

煙突は中間を外してブラシで中を掃除します。
掃除前、掃除中、掃除後
薪ストーブの煙突掃除 薪ストーブの煙突掃除 薪ストーブの煙突掃除

大して煤は付いていませんが、付いてから掃除するのでは遅すぎで、落とすのが大変になるのだそうです。
また、乾燥していない木や木材以外のものを燃やすと、あっという間に煙突が詰まるそうです。
1年使ってこのくらいの汚れなら「普通」だそうです。
煙突の上の部分は、外した部分からブラシをいれ、ブラシの棒を継ぎ足しながら掃除してゆきます。
写真撮り忘れた。


薪ストーブ内部の掃除

基本は灰を全てかき出す。これは使い終わった春に行います。放置すると、灰が水分を吸収して、
接している鉄の部分が錆びてしまいます。春に自分で取っておいたのですが、角の部分が不十分で、ちょっと錆びていました。
薪ストーブの内部掃除

刷毛とブラシをつかって、丁寧に掃除してもらいました。

天板を開けると、こんな感じでマットがおいてあります。これも取り出して、丁寧に灰を落とし内部を掃除します。
薪ストーブの内部掃除 薪ストーブの内部構造


薪ストーブ外面の掃除

外側は布で拭いた後、靴炭みたいな物を塗ってきれいにします。見違えるほどきれいになりました。まるで新品ですね。
薪ストーブの外側掃除 薪ストーブの外側掃除

我が家には猫がいるので、夏の間上に載ったり(鉄が冷たいので)して、結構汚れました。 野良猫が入っておしっこをひっかけた後もあったようです。
錆びてしまうので気をつけねばいけません。


2時間ほどの作業で見違えるほどきれいになりました。ありがとうございます。
来年からは自分で手入れしてゆきます。大事に使ってゆきたいものです。
掃除後の薪ストーブ

薪ストーブの掃除道具

掃除用のブラシと延長棒を購入しました。
ついでに「ジャイアントモウル」という斧も購入。太い丸太が簡単に割れて気に入りました。
ジャイアントモウル

最終更新日: 2014-05-19 07:22:11

ともさんのHP >田舎生活 >薪ストーブのこと >薪ストーブの掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

袴の作り方  
布団の切りかた  
チューリップハットの作りかた  
自作温室の設計  
JAVAでメール送信  
洋裁CAD使いかた動画  
必要な肥料の量と種類  
綿繰り機の原理  
草花の育てかた  
画像を「拡大縮小回転反転文字の記入」して保存するクラス  
吉田式巣箱3Dモデル  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます