ともさんのHP >ものつくり >電子工作 >Arduinoをとりあえず動かすまで

Arduinoをとりあえず動かすまで

Arduinoはイタリアで作られているマイコンです。
購入したのでとりあえず動かしてみました。
Arduino

用意するもの

PC
Arduino
ArduinoIDE(ネットでダウンロードする)
USBケーブル(とりあえずプリンタのケーブルを使った)
テスター(動作確認用)

動かすまでの手順

PCにArduinoIDEをインストールします。IDEとは統合環境アプリケーションのことです。
現在のバージョンは022。
最初に入れたのは018でしたが、これではArduinoUNOを認識してくれませんでした。 最新のものをインストールしましょう。
次に、USBケーブルを使ってArduinoとPCをつなぎます。
ドライバのインストール画面が現れる(最初の1回だけ)ので、ArduinoIDEをインストールしたホルダの driversを指定してドライバをインストール。

IDEの設定

COMポート番号の指定と、Bordの指定をします。

とりあえず動かしてみる

BLINKというサンプルプログラムを開いてコンパイル。
Arduinoをつなげた状態でアップロード。
アップロードが終了すると自動的にプログラムが実行されます。
BLINKのサンプルプログラムはLEDを1秒間隔で点滅させるものですが、LEDはつけていないので、テスターで GNDと13番端子間を計測し、電圧が上下することを確認しました。

Arduinoを動かした感想

今まで使ってきた マイコン 楽天 は、コンパイルが煩雑だったり、電源を用意したりと動かすまでが 大変でしたが、Arduinoは特別に用意するものがなく、環境がよく整備されていると感じました。
特にIDEやサンプルプログラム、ライブラリは秀逸です。驚きました。
さて、今度はもうちょっと難しいことをしてみたいな。

最終更新日: 2011-10-14 19:36:27

ともさんのHP >ものつくり >電子工作 >Arduinoをとりあえず動かすまで

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

キャスケット型紙の設計方法と型紙ダウンロード  
重箱式巣箱の図面  
ブルーベリーの挿し木  
ホオノキ  
アリジゴクの飼いかた  
シンプルなパネルラインワンピースの型紙と作りかた  
ベジェ曲線の原理  
ハンチング型紙の作りかた  
和風コートの作り方  
3D-CADでカバンの型紙  
雑草を利用した家庭菜園用堆肥の作りかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます