ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >家庭菜園用管理機の使いかた

(家庭菜園用)小型管理機の操作方法

家庭菜園用に小型の耕耘機を使っています。タイヤがなく、駆動軸が ロータリー爪になっているタイプのものです。
このタイプの耕耘機は、ロータリー爪が前進の推進力と畑土を耕す機能を兼ねているため、 意外と運転しづらいものです。
初心者の人は余計なところに力を入れてしまい、疲れる機械だと思われる方が多いと思いますが、 コツさえつかめばほとんど力を加えずに動かすことが出来ます。


広告

耕耘機の使いかたのコツ

駆動軸がロータリー爪になっているタイプの耕耘機には、後ろに鉄の棒が付いています。
この棒をうまく使って操作します。これが唯一のコツです。
小型耕耘機

操作の練習

では操作の練習をしてみましょう。
まず、下が普通の状態。

持っているハンドルを上げます。
こうすると、鉄の棒が畑土中から出てきます。

持っているハンドルを下げます。
こうすると、鉄の棒が畑土中に深く刺さります。

基本操作の練習はこれだけ。ハンドルは耕耘機の重心から離れているので、テコの原理が働き、操作に力はほとんど要りません。


小型管理機の操作-前進スピード調整

スピードを上げる→ハンドルを上げる。
ハンドルを上げると鉄の棒が土中から出るため、抵抗が減り、耕耘機が早く動くようになります。
スピードを下げる→ハンドルを下げる。
ハンドルを下げると鉄の棒が土中に深く刺さるため、抵抗が増えて、耕耘機の速度が落ちます。

実際の畑では、その日の土の濡れ具合や固さでスピードが異なります。 土のコンディションに合わせてハンドルの高さを調整します。ここがちょっと難しいかもしれません。


広告

耕耘機の操作-方向転換

まずはハンドルを思いっきり下ろし、鉄の棒を深く突き刺して耕耘機を止めます。
止まったら、そのままのハンドルの高さで、鉄の棒を軸にして耕耘機を回します。これで方向転換完了。
なれない人は強引に方向転換するので大きな力が要りますが、 この方法ならほとんど力は要りません。女性でも操作できます。


小型管理機はバックできません

畑の土が固い場合はロータリー爪が噛みこまず、耕さずに行き過ぎてしまう場合があります。
この場合は無理に戻ろうとせず、いったん行過ぎた後に方向転換して戻ってきましょう。
強引に引っ張れば戻れますが、力が必要ですし、何よりも危険です。

最終更新日: 2013-02-21 05:30:59

ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >家庭菜園用管理機の使いかた

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
気象観測装置を作りました  
五右衛門風呂の修復  
子ウインドウを開く  
キキョウの栽培、手入れ、増やしかた  
ツリービューにポップアップメニューを追加  
JavaFXでPopupMenu  
竹を曲げる方法  
井戸保護カバーの自作  
ルピナスの栽培、手入れ、増やしかた  
アメリカンホック  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます