ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >玉縁ボタンホールの縫い方

玉縁ボタンホールの縫い方

ボタンホールは、普通はミシンを使い、穴の周りを糸で括って作ってあります。イージーオーダーのスーツや、 ブランド物の服でもこうした作りが一般的です。
玉縁ボタンホール楽天 は手作業でなければ出来ないので、自作の服か1点もののオーダーメイドでしか見ることのできないものです。
玉縁ボタン楽天 ホールとは、下の図のような縁形状をしたボタンホールのことです。
洋裁教室で教えていただいたのですが、忘れてしまわないように覚書きも兼ねてこのページを書きました。
玉縁ボタンホールの縫いかたを順に説明します。

広告

こんな感じのしゃれた玉縁ボタンホールを作ります。
ボタンホール


今の服はみんなこんな感じで、ミシンで縫ってあります。かなり高級な服でも 玉縁ボタンホールは少ないそうです。
服を自作するなら、ボタンホールも一手間かけると他にない一品になりそうですね。
私も今まではミシンに付属しているボタンホール機能で作ってきました。
下の写真は、私の来ているスーツのボタンホールです。イージーオーダーで10万円ほどしましたが、このくらいの物でも、糸で周りを縫って成型しています。
普通のボタンホール


玉縁ボタンホールの作りかた・布の準備

写真は洋裁教室楽天 で習ったあとの復習として縫ったので、残り布のデニムを使っています。
服地に見立てた大きな布と、5cm四方の同材質の布を用意し、それぞれに接着芯を貼っておきます。
小さな布はボタンホールの数だけ用意します。この布はボタンホールの「くちびる」になります。
布


ボタンホールのスケッチ

穴の位置に鉛筆で形状を書きます。長手はボタン直径+5mm、短手は7mmにします。7mm以下だと小さすぎて、かなり作りにくくなります。
このスケッチが穴の形になるので、曲がらないようしっかり書きましょう。
ボタンホールのスケッチ


布片の縫いつけ

5cm各の布片をボタンホールの中心において、待ち針で固定します。
布片は服地と45度傾けます。いわゆるバイアスです。 服地と布片の裏表を間違えないように気をつけましょう。
布片の固定 布片の固定裏


この状態で、スケッチの上をなぞってミシンをかけます。
ミシンの縫い幅は1mmに調整します。ぐるっと1週して、最後は少し重ねて縫います。
ボタンホールミシン ボタンホールミシン


ボタン穴カット

はさみで下の写真のように切込みを入れます。
切り込みの端はミシンの角ギリギリを狙いますが、ミシン糸を切ってはいけません。
万一切ってしまったら、手縫いで補修すると良いでしょう。
ボタンホール穴あけ ボタンホール穴あけ


布を裏返す

開いた穴に布片を押し込んでゆき、服地の裏側に出します。
ボタンホール裏返し1 ボタンホール裏返し2 ボタンホール裏返し3


アイロンがけ

短辺から出ている布片を引っ張り、服地の表がちょっと見えるくらいの状態で水をつけ、アイロンを当てます。
当てるのはほんの短辺の部分だけ。反対側も同様。
ボタンホールアイロンがけ1 ボタンホールアイロンがけ2

長辺のほうは、下の画像の要領でアイロンをあてます。このときもちょっとだけ水をつけます。
ボタンホールアイロンがけ3 ボタンホールアイロンがけ4


アイロンをかけ終わると、こんな風に布片が立ち上がります。裏から見ると、ふぐの口のようになってます。 ボタンホールアイロンがけあと1 ボタンホールアイロンがけあと2


今度はふぐの口を閉めるようにアイロンをあてます。
あてるのは口の両端だけ。
ボタンホールアイロンがけ5 ボタンホールアイロンがけ6


これで形が整いました。
ボタンホール製作中


仮縫い

このままではくちびるの厚みが不安定なので、手縫いで固定します。表はくちびるの境目に糸を通すと 目立ちません。目立たなければこの糸はつけたままにします。
ボタンホール仮縫い1 ボタンホール仮縫い2


最終更新日: 2016-10-04 11:41:25

ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >玉縁ボタンホールの縫い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

グラジオラスの栽培、手入れ、増やしかた  
カタクリの栽培、手入れ、増やしかた  
ズボンの持ち出しの作りかた  
オオイヌノフグリ  
ものつくり  
アロエの株分け  
屋根から作り始めて最後に基礎を作る建物  
メッシュアニメーション  
JavaFX アニメーション  
バードフィーダーの自作  
平坦なTriangleMesh作成Class  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます