ともさんのHP >趣味養蜂 >みつばち日記 >ミツバチの巣箱を整理しました

ミツバチの巣箱を整理しました

農薬を浴びて(?)激減してしまったミツバチの巣箱を整理することにしました。
つい最近までこんなにいたミツバチも...
電気柵感電対策

今では見る影もありません。
激減したミツバチ


巣箱楽天 を開けて、余分な巣脾を取り除くことにしました。余分に入っていると、巣虫に食べられてしまうし、 働き蜂が分散してしまうためです。
巣脾20枚を納めるこの長巣箱も、15枚引き抜いて5枚残すことにしました。
ちょっと前までは、この巣箱に満杯の働き蜂がいたのですが... 今ではほとんど空っぽ。農薬楽天 って恐ろしいですね。
養蜂箱20枚箱 空になったミツバチの巣箱


4つの群のうち、1群はなんとこの状態。
通常なら女王蜂1匹に数万匹の働き蜂がいるのですが、この群は数十匹にまで減ってしまってます。 (中央右よりの大きな蜂が女王蜂)
女王蜂とわずかな働き蜂

殺してしまうのは忍びないので、小さな巣箱に入れて終の棲家としました。 多分来週にはいなくなってしまっているでしょう。
女王蜂とわずかな働き蜂


それでも他の群は花が咲き始めたので産卵を始めています。 冬になるまでに大きくなって無事冬越しをして欲しいものです。


抜き取った巣脾は遠心分離機にかけてハチミツを絞っておきました。
遠心分離機と空き巣箱 絞った巣板


採れたハチミツ。13リットルほど採れましたが、これは美味しくないのでミツバチの飼料 として巣に戻すつもりです。
ハチミツが採れた

最終更新日: 2010-09-26 00:00:00

ともさんのHP >趣味養蜂 >みつばち日記 >ミツバチの巣箱を整理しました

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

袴の作り方  
布団の切りかた  
チューリップハットの作りかた  
自作温室の設計  
JAVAでメール送信  
洋裁CAD使いかた動画  
必要な肥料の量と種類  
綿繰り機の原理  
草花の育てかた  
画像を「拡大縮小回転反転文字の記入」して保存するクラス  
吉田式巣箱3Dモデル  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます