ともさんのHP > >柿の管理 >柿の落葉病・防除と対策

柿の落葉病・防除と対策

柿を栽培していると、9月頃にはもう葉が落葉し始めてしまい、実が大きくならないことがあります。
これは落葉病と呼ばれる病気で、病原菌がが柿の木に感染することで発生します。
我が家にはたくさんの柿の木がありますが、なかなか駆除できていません。 近所には放置され、伸び放題の柿の木がたくさんあり、それらが感染しているので、我が家の木だけを防除してもなかなか菌が減らないのだと思います。

広告

落葉病の症状

落葉病にかかると、まだ暖かい9月末頃から、葉が落葉してしまいます。
柿の実も多くは落ちてしまいますが、残った実も大きくはならず、甘みも少ないです。
病気とはいっても人間には感染しないので、柿の実は食べても全く問題はありません。

落ち葉で敷き詰められた柿畑。2009年9月撮影。
周りの雑草はまだ青々としているのに、大量の柿の葉が大量に落ちています。
落葉病の柿

落葉病にかかった木。2009年9月撮影。
葉が落ちてしまい、十分に大きくなれない実が残されています。
落葉病の柿の木

柿の落葉病の予防:殺菌剤

細菌の感染が原因なので、殺菌剤を散布することで予防できます。 症状が現れてからでは遅いので、あらかじめ予防として散布します。
一度罹患した木でも、殺菌剤を散布して菌を退治すれば元に戻ります。
通常は他の病害虫向けの農薬と混ぜて、同時に散布します。
散布の時期は6月上旬と8月下旬の2回くらいが良いと聞いています。
6月は梅雨、8月は猛暑なので、けっこう辛いですね。
こちら に柿の予防消毒の年間スケジュールをまとめましたので、参考にしてみてください。

柿の落葉病の予防:落ち葉の処理

落ち葉は病原菌を含んでいるので、そのまま畑内に放置すると蔓延してしまいます。
柿畑から運び出して、焼却すると大変効果的です。

柿の落葉病の予防:樹皮削り

柿の古い樹皮には病原菌や害虫がすんでいます。
これも菌の潜む場所になっているので、冬の間に削り落としておきましょう。

落葉病では柿の木は枯れない

柿の木は寿命が長く、丈夫です。落葉病にかかったからといって、枯れてしまうことは、あまりありません。
しかし、葉が落ちることで光合成の期間が減り、木の体力は減ってしまいます。 樹勢が衰えることでさらに落葉病がはびこる原因にもなります。
肥料を与え、樹の周りの雑草を刈りとり、適切に剪定して、木の健康を守りましょう。

最終更新日: 2016-10-14 07:41:30

ともさんのHP > >柿の管理 >柿の落葉病・防除と対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

須屋  
3Dシーンに2Dコントロールを表示  
井戸ポンプ  
ファイル選択ダイアログ  
UcanAccess導入覚書  
ともさんのHP  
タイムラプス撮影  
Raspberry Piを太陽電池に接続  
ラズパイ(Raspberry Pi)で電子工作  
茶室の平面図集  
ともさんの開発室  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます