ともさんのHP >ものつくり >2次元CCDを使った自作カメラ >天体写真用冷却CCDカメラの製作(筐体設計)

天体写真用冷却CCDカメラの製作(筐体設計)

 下の図のような感じに考えました。とりあえずまともに動くことを第一に考え、CCDを始め、全てをひとつの基板上に載せてしまい、その基板を接続筒とヒートシンクで挟んでしまうことにした。基板が夜露で濡れそうだけどね。入れ物を考えると複雑になるから、これで行くことに決定。

 この3Dモデルはフリーソフト?のPro/DeskTopを使って使いました。

 横から見たところ。基板のほかにペルチェ素子も挟んでいる。

 前から見たところ。筒の前の方にはフィルターを入れて空気を閉じ込め、結露を防ぐ。

 後ろから見たところ。四角いのはヒートシンク。アングルは基板がグニャグニャするのを防ぐ補強。

 取り付けるのはボーグのM42→M57/60アダプター。平らな部分が広いので、ここにねじ穴をあけるつもり。その上には、延長筒、回転装置、M60→M57アダプターがつく予定。

最終更新日: 2003-05-26 00:00:00

ともさんのHP >ものつくり >2次元CCDを使った自作カメラ >天体写真用冷却CCDカメラの製作(筐体設計)

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

fxmlファイルの利用  
雑草でグリーンカーテン  
ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
気象観測装置を作りました  
五右衛門風呂の修復  
子ウインドウを開く  
キキョウの栽培、手入れ、増やしかた  
ツリービューにポップアップメニューを追加  
JavaFXでPopupMenu  
竹を曲げる方法  
井戸保護カバーの自作  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます