ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >skepの作り方の本を買った

skepの作り方の本を買った

「Skepmaking」という本をamazonで注文してみました。937円。
スケップ(skep)というのは西洋の伝統的な養蜂用巣箱のことです。このスケップの作り方を解説した本です。

数日後、受け取りに行ってみてビックリ。一枚のダンボールしかない。 でも空けてみると中から本が(というより冊子が)出てきた。
西洋蜜胴スケップ(SKEP)の作り方

総ページ数8、ということはページ単価100円以上!。 しかも1〜3ページは裏表紙、巻頭言など、で実質の中身はたったの5ページでした。
こんな本もあるのですね。

スケップの作りかたの詳細

広告

読んでみると、スケップの作り方が過不足なく書いてあって、確かにこれ以上は書く必要はないかも。と思いました。
著者のイギリスの人は、年間200個もスケップを作っているそうです。ヘアグラスという草を使って作るそうですが、髪の毛みたいに細長い草なのですかね。日本で作るなら、やっぱり稲藁がよさそうです。
時間ができたら、私もSkep作りに挑戦してみたいと思います。この大きさなら、ちょうど日本ミツバチの飼育に ピッタリな大きさだと思います。

西洋蜜胴スケップ(SKEP)の作り方

最終更新日: 2013-04-25 06:19:08

ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >skepの作り方の本を買った

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

SwingアプリにFXを追加  
2DSceneと3DSceneを同時に表示  
Raspberry Piを太陽電池に接続  
100年前の日本ミツバチ巣箱を蘇らせたい  
半地下式温室で最低気温の降下を抑える実験  
各種Pane  
好光性と嫌光性の種子  
JavaFX基本コード  
JavaFX  
リナリア(姫金魚草)の育てかた  
シイタケ原木栽培のしかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます