ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >1×6材でミツバチの巣箱を自作

1×6材を使ってミツバチの巣箱を自作

ミツバチの巣箱作り

来年はミツバチをもっと増やそうと思い、冬の間に巣箱楽天 を量産することにしました。

ホームセンターへ行って6×1材を購入&カット。10個分の材木を購入しました。¥6300-なり。他の材料を考えても1箱800円以下で出来るでしょう。市販の飼育箱は5000円くらいしますので、かなりお得です(ただしこの巣箱は屋外では使えません)。

トリトンのビスケットカッターを使ってビスケットの溝を掘ります。80枚の板に2づつ加工するので、合計160ヶ所のみぞ彫り...

気の遠くなるような単純作業の末、みぞ彫り完了。

広告

みぞに木工ボンドを付けたビスケットを入れて板を接合。ハタガネで1時間ほどおさえておけば、2枚の板が1枚になります。これで幅240mmの板の完成。 ハタガネ 楽天 が4つしかないので、今後数週間はこの単調な接合作業を続けそうです。

最終更新日: 2005-10-24 00:00:00

ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >1×6材でミツバチの巣箱を自作

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

洋裁CAD使いかた動画  
必要な肥料の量と種類  
綿繰り機の原理  
草花の育てかた  
画像を「拡大縮小回転反転文字の記入」して保存するクラス  
吉田式巣箱3Dモデル  
自動水やり装置の修理  
メンズ原型  
薄明  
薪割り機使い方覚え書き  
アスパラガスの育てかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます