ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >ニホンミツバチ用観察巣箱の図面

ニホンミツバチ用観察巣箱の図面

日本ミツバチを飼うために作った巣箱です。飼っていて楽しいように窓付きにしてみました。ハチミツを採るつもりはないので、巣枠を入れず、巣板は蜂たちに好きに作ってもらうことにしました。

窓ガラスが曇ってしまったり、巣門が小さすぎたりといろいろ改良しなければありますが、今のところ順調に巣を作っています。中が覗きこめるのはなかなか楽しいものです。

日本ミツバチ観察巣箱の構造

 背面が開いており、そこにガラス窓と木蓋を取り付けるようにしてあります。普段は木蓋を付けておき、

観察するときだけ取り外します。ガラス窓は内部の掃除をしたり、砂糖水を給餌するときだけ取り外します。

どちらも建具を外すときの要領で一旦持ち上げてから引けば外れます。

日本ミツバチ観察巣箱の図面

本体2

木蓋

ガラス窓

日本ミツバチ観察巣箱の完成写真

巣箱楽天 本体。

窓、蓋をつけるための溝。

上側の溝は深くしてあります。天板の角材は巣板の方向を決めるためのもの。竹ひごは巣がちぎれて落ちないようにつけました。

左、重箱式巣箱との比較。右、西洋ミツバチ巣箱(7枚用)との比較。容量はどれもほぼ一緒です。

蜂舎内に設置した状態。

広告

木蓋をあけると中が見れます。

巣門が小さかったのは失敗。広げようと齧る蜂が邪魔で外勤蜂が出入りしづらい状況です。

日本ミツバチ観察巣箱の改良点

窓ガラスは結露するし、湿気で箱が歪んでしまいました。この図面を参考に巣箱を作ってみようと思われる方は...

○巣門を大きくする

○固定ネジを増やす

○窓の上に換気口をつける

などの変更を施すことをお勧めします。

最終更新日: 2012-11-02 06:03:33

ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >ニホンミツバチ用観察巣箱の図面

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

SwingアプリにFXを追加  
2DSceneと3DSceneを同時に表示  
Raspberry Piを太陽電池に接続  
100年前の日本ミツバチ巣箱を蘇らせたい  
半地下式温室で最低気温の降下を抑える実験  
各種Pane  
好光性と嫌光性の種子  
JavaFX基本コード  
JavaFX  
リナリア(姫金魚草)の育てかた  
シイタケ原木栽培のしかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます