ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >ラングストロース式巣箱の作り方

西洋ミツバチ用ラングストロース式養蜂箱の作り方

西洋ミツバチの市販の巣箱は購入すると高価なので、自分で作ることにしました。
形状をシンプルにし、安くて簡単にできるように設計しました。
自分専用で、蜂舎内で固定して飼育するため、移動や雨対策は考慮していません。

巣箱楽天 1セットで箱2コ、底板1コ蓋1コが必要です。箱は底がなく、継箱と兼用です。底板をまず置き、その上に箱を重ねます。
載せるだけなので、動かすときは気をつけないといけません。当初、蓋は底板と兼用にしましたが、歪んでしまったので後日蓋を作っています。

箱部分の図面

西洋ミツバチ用ラングストロース式巣箱の図面

広告

底板の図面

西洋ミツバチ用ラングストロース式巣箱底板の図面

蓋の図面

底板兼用のフタでは、フタが歪んでしまい、蜂が隙間から出入りする不具合が出ましたので、新たにフタを作ることにしました。
蓋は2枚組にして、網蓋と蓋とに分けています。網蓋は夏季換気が必要な時に使います。

西洋ミツバチ用ラングストロース式巣箱蓋の図面

蓋 熊谷養蜂場製のフタが秀逸なので、これを参考にして作りました。
このフタは裏面が全面金網張りになっており、ミツバチが無駄巣を作りづらいようにしてあります。
その上の板と隙間が10mmほど空いており、そのまま換気口になっています。

蓋 蓋 作ったフタがこちら。網とフタに分けました。

蓋 こんなふうに二つ重ねて使います。
夏になったらフタをずらし、換気面積を増やす予定。
冬になったら...網を外して暖かい空気を逃がさないようにします。

巣箱の材料

 6×1(140×19mm)×1820 2本 (箱1つ分)
 180×12×2000 杉板 (底板用)
 30×30角材 (底板用)

ラングストロース式巣箱の完成写真と使用中の写真

完成写真
ラングストロース式巣箱の完成写真

蓋をはずしたところ
ラングストロース式巣箱の蓋をはずしたところ

接合部分。現在はネジの数を増やしてます。
巣箱の接合部分。現在はネジの数を増やしてます

巣枠を掛ける部分。
巣枠を掛ける部分。

広告

使用中の巣箱。最下段は引き出し式巣箱を使用。
使用中の巣箱。最下段は引き出し式巣箱を使用

巣箱を開けたところ。
巣箱を開けたところ

ラングストロース式巣箱の作りかた手順

製作編はこちらをご覧ください。

最終更新日: 2016-10-21 05:11:22

ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >ラングストロース式巣箱の作り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

SwingアプリにFXを追加  
2DSceneと3DSceneを同時に表示  
Raspberry Piを太陽電池に接続  
100年前の日本ミツバチ巣箱を蘇らせたい  
半地下式温室で最低気温の降下を抑える実験  
各種Pane  
好光性と嫌光性の種子  
JavaFX基本コード  
JavaFX  
リナリア(姫金魚草)の育てかた  
シイタケ原木栽培のしかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます