ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >引き出し式巣箱の試作

引き出し式巣箱の試作

ヨーロッパで使われている巣箱を真似て作ってみました。
壁に出入り口をつけた蜂舎に設置し、室内で蜂の世話が出来ます。 こちら巣箱楽天 の詳しい図面があったのですが、現在では残念ながら消えてしまったようです。

西洋ミツバチ用引き出し式巣箱の試作

試作1号が上の写真。1つの箱が上下2段になっていて、 背面の外蓋とガラス窓を外すと巣枠が引き出せるようになっています。

使う巣枠はこんな形をしています。下に2つ付いているのは3角コマ

です。コマの頂部を底板に刻んだ溝

広告

にはめ込んでスライドさせます。箱の上部には凸ガイドがついています。
巣枠を底板に接触させるような形式はインターネットで探してみてもないので、 もしかして致命的なことなのだろうかと考えましたが、こうしたほうが操作性がよくなります。
迷いましたが、蜂を住まわせて確かめようと考え、作ってみました。

3角コマは、巣枠の奥側になる端にも付けてあります。こちらは巣枠を押し込んだ時に、 一定の隙間を確保するためのものです。

反対の端にはネジの頭を出してあります。これは、引き出す際にプロポリスで硬い場合、バール

で引っ張るためのものです。

 蜂をさっそくいれようと思いましたが、ここで問題に気付きました。
今まで使っていたラ式の巣枠は当然この巣箱に入りません。
したがって蜂を導入するには巣枠付きでは不可能です。そこで、両方の形式を使える巣箱を作りました。

試作2号は1段の巣箱にし、その上にラングストロース式の巣箱を重ねられるようにしました。
導入時にはラ式の巣枠とともに蜂群を上の巣箱に入れます。下には巣礎を張った未完成巣枠を入れておきます。
働き蜂がある程度巣を作ったら、女王を引き出し式巣箱に移し、王隔板を挟みます。

引き出し式巣箱-今後の改良

当初は全ての巣箱を引き出し式に置き換える予定でしたが、 育児箱だけ引き出し式その他はラングストロース式にすることにしました。
巣枠を遠心分離機に入れる必要がなくなるので、巣枠のサイズが自由になります。
現状では幅が広すぎて引き出すのが大変なので、もう少し幅を縮め、高さを増してみようと思います。
3角コマの位置も微妙に悪いので変えてみます。上の箱への通路ももう少し広げようと思います。

広告

西洋ミツバチ用引き出し式巣箱-写真集

画像をクリックすると大きくなります。
満群になった群を窓越しに見る

内検中

引き出した状態

2枚引き抜く。奥に出入り口が見える

ラ式巣枠を取り出して中を見たところ。上下の通路はあまり広くない。

群が小さくなると、上部の蜂は偏ってしまう。

引き出し式巣箱のその後

この巣箱は今から7年ほど前に考案したものです。結局横から引き出す方式はやめ、 L型巣箱という内検と採蜜を個別に行える巣箱を考案して使っています。

最終更新日: 2012-11-02 05:50:20

ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >引き出し式巣箱の試作

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

雑草でグリーンカーテン  
エケベリア植え替え  
E型肝炎体験記  
フラワースタンドの自作  
ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
メーラーの引っ越し  
RaspberryPi用Javaサンプルプログラム  
須屋  
3Dシーンに2Dコントロールを表示  
井戸ポンプ  
ファイル選択ダイアログ  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます