ともさんのHP >プロブラミング >JavaFX >JavaFX、Swingで画像表示

JavaFX、Swingで画像表示、拡大縮小回転移動

JavaFXを使って画像を表示する方法のサンプルプログラムです。 Java 楽天 Swingを使う方法もあわせて記載しました。
JavaFX画像表示 JavaSwing画像表示

広告


画像の表示

Imageを読み込み、ImageViewに入れて、これをPaneに乗せればイメージが表示される。
JavaFX画像表示

package tomojavalib.swingfx;

import javafx.application.Application;
import javafx.geometry.Pos;
import javafx.scene.Scene;
import javafx.scene.image.Image;
import javafx.scene.image.ImageView;
import javafx.scene.layout.*;
import javafx.stage.Stage;

public class ImageTestFx extends Application {

 public static void main(String[] args) {
  Application.launch(args);
 }

 @Override
 public void start(Stage stage) throws Exception {
  stage.setTitle("JavaFX楽天 ");
  StackPane pane = new StackPane();
  Scene scene = new Scene(pane, 320, 240);
  //Paneの中心に配置
  pane.setAlignment( Pos.CENTER);
  //imageの読み込み
 Image image = new Image( "file:C:/a.jpg" );
 //imageviewの作成
 ImageView imgView = new ImageView( image );
 //Paneにimageviewを載せる
 pane.getChildren().add( imgView );
 stage.setScene(scene);
 stage.show();
 }

}


画像の拡大縮小、平行移動、回転

画像を拡大縮小、平行移動、回転は、ImageViewを操作することで行う。
下の例では、画像を0.5倍に縮小して30度回転、X方向に30平行移動している。
JavaFX画像表示

import javafx.geometry.Pos;
import javafx.scene.Scene;
import javafx.scene.image.Image;
import javafx.scene.image.ImageView;
import javafx.scene.layout.*;
import javafx.stage.Stage;

public class ImageTestFx extends Application {

 public static void main(String[] args) {
  Application.launch(args);
 }

 @Override
 public void start(Stage stage) throws Exception {
  stage.setTitle("JavaFX");
  StackPane pane = new StackPane();
  Scene scene = new Scene(pane, 320, 240);
  //Paneの中心に配置
  pane.setAlignment( Pos.CENTER);
  //imageの読み込み
 Image image = new Image( "file:C:/a.jpg" );
 //imageviewの作成
 ImageView imgView = new ImageView( image );
 //Paneにimageviewを載せる
 pane.getChildren().add( imgView );
 //拡大縮小
 imgView.setScaleY( 0.5 );
 imgView.setScaleX( 0.5 );
 //回転
 imgView.setRotate( -30. );
 //平行移動
 imgView.setTranslateX( 30. );
 imgView.setTranslateY( 0. );
 stage.setScene(scene);
 stage.show();
 }


Swingからの移行

awtで読み込んだイメージをFXで使いたい場合は、下記のように変換する。
FXで読み込む場合

javafx.scene.image.Image image = new javafx.scene.image.Image( "file:C:/a.jpg" );

awtで読み込んでFXに変換

java.awt.image.BufferedImage imgsw = javax.imageio.ImageIO.read(new java.io.File( "C:/a.jpg") );
javafx.scene.image.Image image = javafx.embed.swing.SwingFXUtils.toFXImage( imgsw , null);

広告


Swingで画像表示

Swingの場合は、paintメソッドの中で描画する。サンプルプログラムではJPanelの拡張classを作って、その中で描画を行っている。
まずはJpanelを表示するためのJFrame class

package tomojavalib.swingfx;

import javax.swing.JFrame;

public class ImageTestSwing extends JFrame {

/*コンストラクタ*/
public ImageTestSwing()
{
 //サイズ設定
 this.setBounds(500, 500, 320, 240);
 //タイトル設定
 this.setTitle("JavaSwing");
 ImageTestSwingPanel itsp = new ImageTestSwingPanel();
 add(itsp) ;
}

public static void main(String[] args) {
 ImageTestSwing ets = new ImageTestSwing();
 ets.setVisible(true);
}

}


Jpanelの拡張クラス
ダブルバッファリングは、ウインドウのちらつきを防止するためのもの。
Swingで画像表示

package tomojavalib.swingfx;

import java.awt.Graphics;
import java.awt.Graphics2D;
import java.awt.Image;
import java.awt.image.BufferedImage;
import javax.swing.JPanel;

public class ImageTestSwingPanel  extends JPanel {
BufferedImage imgsw =null;

public ImageTestSwingPanel(){
 try{
  imgsw = javax.imageio.ImageIO.read(new java.io.File( "C:/a.jpg") );
 }catch( Exception e ){}
}

/**描画 */
 public void paint(Graphics g1){
 //ダブルバッファリング
 Image offImage = createImage(this.getWidth(), this.getHeight() );
 Graphics2D g2 = (Graphics2D)offImage.getGraphics();

  //要素の描画
 g2.drawImage( imgsw , 0 , 0 , this );

 //バッファ領域に書き込んでおいたイメージを描画
 g1.drawImage(offImage, 0, 0 , this );
 }

}


Swingで画像の拡大縮小、平行移動

画像の移動と拡大縮小をするときは、drawImage()メソッドで位置、幅高さを指定する。
下はx,y方向に50,50移動し、0.5倍に縮小して表示。
Swingで画像移動

 //描画位置
 int x = 50 ;
 int y = 50 ;
 //画像のサイズを取り出す
 int w = imgsw.getWidth();
 int h = imgsw.getHeight();
 //拡大縮小
 double scale = 0.5;
 w = (int)( w * scale );
 h = (int)( h * scale );
  //要素の描画
 g2.drawImage( imgsw , x , y , w , h , this );


Swingで画像の回転表示

画像を回転させて表示するには、記入する側のjava.awt.Graphics2Dを回転させる。
回転して画像を描画し、そのあと元に戻す。

 //回転
 double rotate = 30.;
 //回転
 g2.rotate( - rotate * Math.PI/180 , x , y );
 //要素の描画
 g2.drawImage( imgsw  , x , y , w , h , this );
 //回転戻す
 g2.rotate( rotate * Math.PI/180 , x , y );


平行移動、拡大縮小、回転させる場合は下のように記述する。
JavaSwing画像表示

package tomojavalib.swingfx;

import java.awt.Graphics;
import java.awt.Graphics2D;
import java.awt.Image;
import java.awt.image.BufferedImage;
import javax.swing.JPanel;

public class ImageTestSwingPanel  extends JPanel {
BufferedImage imgsw =null;

public ImageTestSwingPanel(){
 try{
  imgsw = javax.imageio.ImageIO.read(new java.io.File( "C:/a.jpg") );
 }catch( Exception e ){}
}

/**描画 */
 public void paint(Graphics g1){
 //ダブルバッファリング
 Image offImage = createImage(this.getWidth(), this.getHeight() );
 Graphics2D g2 = (Graphics2D)offImage.getGraphics();

 //描画位置
 int x = 50 ;
 int y = 50 ;
 //画像のサイズを取り出す
 int w = imgsw.getWidth();
 int h = imgsw.getHeight();
 //拡大縮小
 double scale = 0.5;
 w = (int)( w * scale );
 h = (int)( h * scale );
 //回転
 double rotate = 30.;
 //回転
 g2.rotate( - rotate * Math.PI/180 , x , y );
 //要素の描画
 g2.drawImage( imgsw  , x , y , w , h , this );
 //回転戻す
 g2.rotate( rotate * Math.PI/180 , x , y );

 //バッファ領域に書き込んでおいたイメージを描画
 g1.drawImage(offImage, 0, 0 , this );
 }

}


FXとSwingの違い

FXの場合は、一度描画すればよい。移動や拡大縮小などは後から変更することができる。
Swingの場合は、paintメソッド内で一旦消去し再描画する必要がある。
画像の座標起点はFXの場合中央、Swingは左上隅になっている。

最終更新日: 2018-01-09 07:28:55

ともさんのHP >プロブラミング >JavaFX >JavaFX、Swingで画像表示

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

XMLファイルを読み込む方法  
JavaFX StageStyle  
ジャケット襟の試作  
jarファイルからCSS、pngファイルを読み込む  
トタン屋根補修のしかた  
JavaFX Alertダイアログを最前面  
JavaFXでWEBブラウザ  
アイコンの差し替え  
宅配BOX兼ベンチ  
竹の節抜き方法  
重箱式巣箱  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます