ともさんのHP >ものつくり >木工 >フラワースタンドの自作

フラワースタンドの自作

植木鉢を載せる台、プランター台、ガーデニングスタンド、フラワーラック、プランター楽天 スタンド、 園芸棚などと呼ばれるようですが、要するに植木鉢を並べる台です。木工作で作りました。作りかたを紹介します。
下の図左が設計した3Dモデル、右が完成したフラワースタンドです。
フラワースタンド3Dモデル フラワースタンド自作

広告


フラワースタンドの構想

いままではコンクリートの上に植木鉢を直接置いていたのですが、やはり地面からの照り返しが強いようで、植物がダメージを受けていました。
水をやるとコンクリートの上に水が流れてちょっと見苦しい。
真夏は遮光をしてあげたいのだけれど、遮光ネットを掛ける骨組みがないとかけられない。

こんな不便を感じていたのです。
そこで、木工で階段状のスタンド、受け皿を置いて水を落とさない、遮光ネットを掛ける骨組みも一体化した構造、のものを作ることにしました。
設計楽天 は3D-CADを使い、寸法を操作しながら、最も残材の少ないサイズに調整しました。
受け皿には100均で売っているプランター用の受け皿を使うことにして、寸法を測り、ちょうど台に乗るようにしています。

材料

ホームセンターで売っている1×4材が一番お買い得なのでこれを使うことで設計しました。厚み19mm、幅89o、長さ1820oの規格材です。
幅は広すぎるので縦に半分に切って使っています。

図面

完成した図面が下です。
フラワースタンドの図面

上の真ん中が正面から見た図。上左は中央断面、上右は側面。中央下は下から見た図。
左下は受け皿を載せた状態の斜めから見た図です。
右下は木取図。1×4材5本を図の寸法でカットして組み立てると、1つのフラワースタンド楽天 が完成します。

広告


組み立て手順

購入してきた木材を図面楽天 通りの長さに切ります。
丸鋸で切断

テーブルソーを使って縦半分に切ります。
テーブルそーで縦切り

一度に2台分作るので10本の1×4材をカットして所定の部材を切り出しました。
切りあがった部材

この部材を組み合わせて側面の形状を作ります。
フラワースタンド自作

一つ作ったら、これを定規代わりにして他の3枚を重ねて制作。
植木鉢台の自作 フラワーラックの自作

側面構造を繋いだら完成です。
ガーデニングスタンドの自作 DIYで園芸棚

最終更新日: 2017-05-09 07:47:57

ともさんのHP >ものつくり >木工 >フラワースタンドの自作

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

3Dシーンに2Dコントロールを表示  
井戸ポンプ  
ファイル選択ダイアログ  
UcanAccess導入覚書  
ともさんのHP  
タイムラプス撮影  
Raspberry Piを太陽電池に接続  
ラズパイ(Raspberry Pi)で電子工作  
茶室の平面図集  
ともさんの開発室  
シンプルなパネルラインワンピースの型紙と作りかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます